ConFoo: Call for paper is now Open

CairoContent クラス

(バージョン情報なし。おそらく SVN 版にしか存在しないでしょう)

導入

CairoContent を使って、 サーフェイスに含む内容を表します。 色情報とアルファ情報 (透明か不透明か) のどちらを含むのか、あるいは両方含むのかを表します。

注意: ここでの大きな値の狙いは、 CairoContent の値を CairoContent の値と区別できるようにしておくことです。 ユーザーがふたつの型を混同したら、実装がエラーを検出できるようにするためです。

クラス概要

CairoContent {
/* 定数 */
const integer COLOR = 4096 ;
const integer ALPHA = 8192 ;
const integer COLOR_ALPHA = 12288 ;
}

定義済み定数

CairoContent::COLOR

色情報だけを含みます。

CairoContent::ALPHA

アルファ情報だけを含みます。

CairoContent::COLOR_ALPHA

色とアルファの両方の情報を含みます。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top