PHP 5.4.33 Released

CairoFontOptions クラス

(PECL cairo >= 0.1.0)

導入

不透明な構造体で、フォントのレンダリングに使うすべてのオプションを保持します。

cairo_font_options_t の個々の機能を設定したりアクセスしたりするときには、それぞれ cairo_font_options_set_機能名 や cairo_font_options_get_機能名 という名前の関数を使います。たとえば cairo_font_options_set_antialias() や cairo_font_options_get_antialias() などです。

将来 CairoFontOptions に新たな機能が追加される可能性もあります。 そのため、 CairoFontOptions オブジェクトのコピーや同一性チェック、 マージ、そしてハッシュ値の算出にはそれぞれ CairoFontOptions::copy()CairoFontOptions::equal()CairoFontOptions::merge()CairoFontOptions::hash() (手続き型の場合は cairo_font_options_copy()、cairo_font_options_equal()、 cairo_font_options_merge()、cairo_font_options_hash() を使う必要があります。

クラス概要

CairoFontOptions {
/* メソッド */
public __construct ( void )
public bool equal ( string $other )
public int getAntialias ( void )
public int getHintMetrics ( void )
public int getHintStyle ( void )
public int getSubpixelOrder ( void )
public int hash ( void )
public void merge ( string $other )
public void setAntialias ( string $antialias )
public void setHintMetrics ( string $hint_metrics )
public void setHintStyle ( string $hint_style )
public void setSubpixelOrder ( string $subpixel_order )
public int status ( void )
}

目次

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top