PHP 5.4.36 Released

CairoFontType クラス

(バージョン情報なし。おそらく SVN 版にしか存在しないでしょう)

導入

CairoFontType クラスは abstract final クラスで、 指定した CairoFontFaceCairoScaledFont のタイプを表す定数を含みます。フォントタイプは、cairo の中では「フォントバックエンド」 とも呼ばれています。

CairoFontFace のタイプは、どのように作ったかによって決まります。たとえば CairoToyFontFace::__construct() などです。 CairoFontFace タイプは CairoFontFace::getType() あるいは cairo_font_face_get_type() で問い合わせることができます。

各種の CairoFontFace 関数を、あらゆるタイプのフォントフェイスと組み合わせて使えます。

CairoScaledFont のタイプは CairoScaledFont::__construct() あるいは cairo_scaled_font_create() に渡した CairoFontFace のタイプで決まります。 Scaled フォントタイプは CairoScaledFont::getType() あるいは cairo_scaled_font_get_type() で問い合わせることができます。

クラス概要

CairoFontType {
/* 定数 */
const integer TOY = 0 ;
const integer FT = 1 ;
const integer WIN32 = 2 ;
const integer QUARTZ = 3 ;
}

定義済み定数

CairoFontType::TOY

CairoToyFont api で作ったフォント。

CairoFontType::FT

CairoFreeType タイプのフォント。

CairoFontType::WIN32

Win32 タイプのフォント。

CairoFontType::QUARTZ

Quartz タイプのフォント。

CairoFontType::USER

cairo のユーザーフォント api で作ったフォント。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top