PHP 5.6.0 released

dbx_query

(PHP 4 >= 4.0.6, PHP 5 <= 5.0.5, PECL dbx >= 1.1.0)

dbx_queryクエリを送信し、(ある場合には)結果を全て取得する

説明

mixed dbx_query ( object $link_identifier , string $sql_statement [, int $flags ] )

クエリを送信し、すべての結果を取得します。

パラメータ

link_identifier

dbx_connect() が返す DBX リンクオブジェクト。

sql_statement

SQL 文。

クエリ内のデータは 適切にエスケープ しておかなければなりません。

flags

flags パラメータは、返される情報の量を制御する ために使用されます。以下の定数の組み合わせを、論理 OR 演算子 (|) で連結したものとなります。DBX_COLNAMES_* フラグは php.ini の dbx.colnames_case 設定を上書きします。

DBX_RESULT_INDEX
これは常に設定され、結果に二次元配列の data プロパティを含めます。たとえば data[2][3] では 2 が行番号 (レコード番号)を表し、3 がカラム番号 (フィールド番号)を表します。最初の行やカラムの番号は 0 です。 DBX_RESULT_ASSOC が指定された場合、返される オブジェクトには DBX_RESULT_INFO に関連する 情報が(指定していなくても)含まれます。
DBX_RESULT_INFO
カラムに関する情報、つまりフィールド名とフィールドの型を含めます。
DBX_RESULT_ASSOC
返されるオブジェクトの data プロパティの キーとして、関連するカラム名の値がアクセスされます。 関連付けられた結果は数値添字となっているので、 data[0][0] を変更すると data[0]['最初のカラムのフィールド名'] も同様に 変更されます。
DBX_RESULT_UNBUFFERED
このフラグは data プロパティを作成せず、 rows プロパティの初期値を 0 に設定します。 結果セットが大きくなる場合にこのフラグを使用し、 dbx_fetch_row() を使用して結果を 1 行ごとに 取得してください。 dbx_fetch_row() 関数は、このクエリで設定した フラグの内容を反映じた行を返します。また、この関数がコールされる たびに rows が更新されます。
DBX_COLNAMES_UNCHANGED
返されるカラム名の大文字小文字を変更しません。
DBX_COLNAMES_UPPERCASE
返されるカラム名を大文字に変更します。
DBX_COLNAMES_LOWERCASE
返されるカラム名を小文字に変更します。
flags パラメータの実際の値にかかわらず、常に DBX_RESULT_INDEX が有効となることに注意しましょう。 つまり、結果的に使用可能なのは以下の組み合わせだけであるということです。
  • DBX_RESULT_INDEX
  • DBX_RESULT_INDEX | DBX_RESULT_INFO
  • DBX_RESULT_INDEX | DBX_RESULT_INFO | DBX_RESULT_ASSOC - flags を指定しなかった場合、これがデフォルトです。

返り値

dbx_query() は、成功した場合に オブジェクトあるいは 1、失敗した場合に 0 を返します。 結果オブジェクトが返されるのは、sql_statement で指定されたクエリが結果セットを生成する場合(例: SELECT クエリ。結果が 0 件の場合も含む)のみです。

返されるオブジェクトは、flags の設定により 4 つまたは 5 つのプロパティを保持します。

handle

接続したデータベースの有効なハンドルで、モジュール専用関数で (必要ならば)使用されます。

<?php
$result 
dbx_query($link"SELECT id FROM table");
mysql_field_len($result->handle0);
?>

cols および rows

これらは、それぞれカラム数(フィールド数)および行数(レコード数) を表します。

<?php
$result 
dbx_query($link'SELECT id FROM table');
echo 
$result->rows// レコード数
echo $result->cols// フィールド数
?>

info (オプション)
flags パラメータに DBX_RESULT_INFO あるいは DBX_RESULT_ASSOC が指定されている場合のみ 返されます。2 次元の配列で、2 つのキー(name および type)を持ち、カラムの情報を取得するために 使用します。

例1 各フィールドの名前と型を一覧表示する

<?php
$result 
dbx_query($link'SELECT id FROM table',
                     
DBX_RESULT_INDEX DBX_RESULT_INFO);

for (
$i 0$i $result->cols$i++ ) {
    echo 
$result->info['name'][$i] . "\n";
    echo 
$result->info['type'][$i] . "\n";  
}
?>
data
このプロパティには結果のデータが含まれます。flags の設定によってはこのデータはカラム名と関連付けられているでしょう。 DBX_RESULT_ASSOC が設定されていた場合、 $result->data[2]["field_name"] のように使用可能です。

例2 data プロパティの内容を HTML テーブルで表示する

<?php
$result 
dbx_query($link'SELECT id, parentid, description FROM table');

echo 
"<table>\n";
foreach (
$result->data as $row) {
    echo 
"<tr>\n";
    foreach (
$row as $field) {
        echo 
"<td>$field</td>";
    }
    echo 
"</tr>\n";
}
echo 
"</table>\n";
?>

例3 UNBUFFERED クエリの処理法

<?php

$result 
dbx_query ($link'SELECT id, parentid, description FROM table'DBX_RESULT_UNBUFFERED);

echo 
"<table>\n";
while (
$row dbx_fetch_row($result)) {
    echo 
"<tr>\n";
    foreach (
$row as $field) {
        echo 
"<td>$field</td>";
    }
    echo 
"</tr>\n";
}
echo 
"</table>\n";

?>

変更履歴

バージョン 説明
5.0.0 DBX_RESULT_UNBUFFERED が追加されました。
4.3.0 Introduced DBX_COLNAMES_UNCHANGED, DBX_COLNAMES_UPPERCASE および DBX_COLNAMES_LOWERCASE が追加されました。

例4 返り値を処理する方法

<?php
$link   
dbx_connect(DBX_ODBC"""db""username""password")
    or die(
"接続できませんでした");

$result dbx_query($link'SELECT id, parentid, description FROM table');

if (
is_object($result) ) {
    
// ... ここで何かを行います。詳細は以下の例で示します。 ...
    // まず、フィールド名とデータ型を表示します。
    // 次に、返されたフィールド値をもとに表を作成します。
} else {
    exit(
"クエリに失敗しました");
}

dbx_close($link);
?>

注意

注意:

モジュール固有のドキュメントも参照ください。

Oracle データベースでは、クエリ結果のカラム名は小文字で返されます。

参考

  • dbx_escape_string() - SQL ステートメントで安全に使用できるように文字列をエスケープする
  • dbx_fetch_row() - DBX_RESULT_UNBUFFERED フラグを指定した クエリ結果から、行を取得する
  • dbx_connect() - 接続/データベースをオープンする

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
BeyondMat
9 years ago
You can use stored procedures instead of having to specify a text string to execute, e.g.

$results = dbx_query($conn, 'sp_Test');

This executes the stored procedure sp_Test.
To Top