ConFoo: Call for paper is now Open

fbsql_errno

(PHP 4 >= 4.0.6, PHP 5)

fbsql_errno前の FrontBase 操作によるエラーメッセージの数値を返す

説明

int fbsql_errno ([ resource $link_identifier ] )

直近の FrontBase 操作からのエラーメッセージを表す数値を返します。

fbsql データベースのバックエンドから返されるエラーは、警告を発生しません。 その代わりに、fbsql_errno() を使用してエラーコードを 取得します。この関数は、直近に実行した fbsql 関数 (fbsql_error() および fbsql_errno() は除く) のエラーコードのみを返すことに注意しましょう。 もしこれを使用するつもりなら、他の fbsql 関数をコールする前に値を調べる必要があります。

パラメータ

link_identifier

fbsql_connect() あるいは fbsql_pconnect() が返す FrontBase リンク ID。

指定しなかった場合は、この関数は FrontBase サーバーでオープンしているリンクを探します。見つからないときは fbsql_connect() に引数を指定せずにコールしたときと同様にして作成します。

返り値

直近の fbsql 関数のエラー番号、あるいはエラーが発生しなかった場合に 0 (ゼロ) を返します。

例1 fbsql_errno() の例

<?php
fbsql_connect
("marliesle");
echo 
fbsql_errno() . ": " fbsql_error() . "<br />";
fbsql_select_db("nonexistentdb");
echo 
fbsql_errno() . ": " fbsql_error() . "<br />";
$conn fbsql_query("SELECT * FROM nonexistenttable;");
echo 
fbsql_errno() . ": " fbsql_error() . "<br />";
?>

参考

  • fbsql_error() - 前の FrontBase 操作によるエラーメッセージの文字列を返す
  • fbsql_warnings() - FrontBase 警告を有効または無効にする

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top