PHP 5.4.31 Released

msql_fetch_array

(PHP 4, PHP 5)

msql_fetch_array結果の行を配列として取得する

説明

array msql_fetch_array ( resource $result [, int $result_type ] )

msql_fetch_array() は、 msql_fetch_row() の拡張版です。 結果配列のデータを数値インデックスに格納することに加え、 フィールド名をキーとして連想配列にも格納します。

msql_fetch_array() の使用に際して注意すべきことは、 かなりの付加機能を提供するにもかかわらず、 msql_fetch_row() を使用する場合より そんなに遅くないということです。

パラメータ

result

評価された結果 リソース。 この結果は、msql_query() のコールにより得られたものです。

result_type

以下の定数 MSQL_ASSOCMSQL_NUM、および MSQL_BOTH のうちのいずれか。 MSQL_BOTH がデフォルト。

返り値

取得した行に対応する配列を返します。行が残っていない場合には FALSE を返します。

例1 msql_fetch_array() の例

<?php
$con 
msql_connect();
if (!
$con) {
    die(
'Server connection problem: ' msql_error());
}

if (!
msql_select_db('test'$con)) {
    die(
'Database connection problem: ' msql_error());
}

$result msql_query('SELECT id, name FROM people'$con);
if (!
$result) {
    die(
'Query execution problem: ' msql_error());
}

while (
$row msql_fetch_array($resultMSQL_ASSOC)) {
    echo 
$row['id'] . ': ' $row['name'] . "\n";
}

msql_free_result($result);
?>

変更履歴

バージョン 説明
4.3.11 および 5.0.4 NULL 値を含むカラムからデータを取得する際のバグが修正されました。 そのようなカラムは結果の配列に含まれていませんでした。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top