SunshinePHP Developer Conference 2015

mssql_result

(PHP 4, PHP 5, PECL odbtp >= 1.1.1)

mssql_result結果データを得る

説明

string mssql_result ( resource $result , int $row , mixed $field )

mssql_result()は、MS SQL 結果行からセルの内容を返します。

パラメータ

result

処理対象となる結果リソース。これは mssql_query() のコールによって取得します。

row

行番号。

field

フィールドオフセット、フィールド名または テーブル名.フィールド名の形式で指定することができます。 カラム名がエイリアス定義されている場合 ('select foo as bar from...')、そのカラム名の代わりにエイリアスが使用されます。

注意:

field 引数でオフセット番号を指定する方が、フィールド名または テーブル名.フィールド名で引数で指定するよりもかなり高速です。

返り値

指定したセルの内容を返します。

例1 mssql_result() の例

<?php
// select クエリを MSSQL に送信します
$query mssql_query('SELECT [username] FROM [php].[dbo].[userlist]');

// レコードが存在するかどうかを調べます
if (!mssql_num_rows($query)) {
    echo 
'No records found';
} else {
    for (
$i 0$i mssql_num_rows($query); ++$i) {
        echo 
mssql_result($query$i'username'), PHP_EOL;
    }
}

// 結果を開放します
mssql_free_result($query);
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Kalle
Felipe
Emil
Ross

例2 上の例をより高速化したもの

<?php
// select クエリを MSSQL に送信します
$query mssql_query('SELECT [username] FROM [php].[dbo].[userlist]');

// レコードが存在するかどうかを調べます
if (!mssql_num_rows($query)) {
    echo 
'No records found';
} else {
    while (
$row mssql_fetch_array($query)) {
        echo 
$row['username'], PHP_EOL;
    }
}

// 結果を開放します
mssql_free_result($query);
?>

注意

注意:

大量の結果を処理する場合、(以下に示す)行全体を取得する関数のどれかを 使用することを考える必要があります。これらの関数は一回の関数 コールで複数のセルの内容を返すので、 mssql_result() よりもかなり高速です。

参考

推奨される高性能な代替関数:

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
goodrichNOSPAM at raccoon dot com
12 years ago
The "i" parameter appears to be the row number.  This was implied by checking mysql_result, which documents what the middle paramter specifies.
To Top