ScotlandPHP

sqlite_array_query

SQLiteDatabase::arrayQuery

(PHP 5 < 5.4.0, PECL sqlite >= 1.0.0)

sqlite_array_query -- SQLiteDatabase::arrayQuery指定したデータベースに対してクエリを実行し、配列を返す

説明

public array sqlite_array_query ( resource $dbhandle , string $query [, int $result_type = SQLITE_BOTH [, bool $decode_binary = true ]] )
array sqlite_array_query ( string $query , resource $dbhandle [, int $result_type = SQLITE_BOTH [, bool $decode_binary = true ]] )

オブジェクト指向型 (メソッド):

array SQLiteDatabase::arrayQuery ( string $query [, int $result_type = SQLITE_BOTH [, bool $decode_binary = true ]] )

sqlite_array_query() は与えられたクエリを実行し、 結果セット全体を配列で返します。これは、結果セットの各レコードに関して sqlite_query()に続いて sqlite_fetch_array()をコールすることに似ています。 sqlite_array_query() は前述の方法よりも著しく高速です。

ヒント

sqlite_array_query() は、返すレコードが45件以下 のクエリーで最も有効です。これ以上のデータがある場合には、 より性能を最適化するために、代わりに sqlite_unbuffered_query()を使用するようなスクリ プトを書くことをお薦めします。

パラメータ

query

実行するクエリ

クエリ内のデータは 適切にエスケープ する必要があります。

dbhandle

SQLite データベースリソース。手続きに従って、 sqlite_open() から返されます。 このパラメータは、 オブジェクト指向言語型メソッドを使用する場合は不要です。

result_type

オプションの result_type パラメータには定数を指定でき、返される配列の添字を定義します。 SQLITE_ASSOC を用いると、連想配列の添字(名前フィールド)のみが 返されます。一方、SQLITE_NUM は、 数値の添字(フィールド番号)のみを返します。SQLITE_BOTH は、 連想配列の添字と数値の添字の両方を返します。 SQLITE_BOTH がこの関数のデフォルトです。

decode_binary

decode_binary パラメータが TRUE (デフォルト)に 設定された場合、PHP はバイナリエンコーディングをデコードします。 これは、sqlite_escape_string() によりエンコードされたデータに 適用されます。sqlite をサポートする他のアプリケーションにより 作成されたデータベースを処理する時以外は、この値をデフォルトのままにしておくべきです。

注意: (MySQL のような)他のデータベースエクステンションとの互換性のため、 2 種類の構文がサポートされています。 推奨されるのは最初の構文で、dbhandle パラメータを 関数の最初のパラメータとするものです。

返り値

結果セット全体の配列、その他の場合は FALSE を返します。

SQLITE_ASSOC および SQLITE_BOTH で 返されるカラム名は、設定オプション sqlite.assoc_case の値に基づき、 大文字小文字が変換されます。

例1 手続き型

<?php
$dbhandle 
sqlite_open('sqlitedb');
$result sqlite_array_query($dbhandle'SELECT name, email FROM users LIMIT 25'SQLITE_ASSOC);
foreach (
$result as $entry) {
    echo 
'Name: ' $entry['name'] . '  E-mail: ' $entry['email'];
}
?>

例2 オブジェクト指向言語型スタイル

<?php
$dbhandle 
= new SQLiteDatabase('sqlitedb');
$result $dbhandle->arrayQuery('SELECT name, email FROM users LIMIT 25'SQLITE_ASSOC);
foreach (
$result as $entry) {
    echo 
'Name: ' $entry['name'] . '  E-mail: ' $entry['email'];
}
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
-2
kendlj at NOSPAM dot web dot de
12 years ago
Do not use this code, whenever you may get no result:

<?
$return_data=@sqlite_array_query($query,$databaseHandle);
if(!$return_data)
{
   //Errorhandling code
   die( sqlite_error_string( sqlite_last_error($this->databaseHandle) ) );
}
?>

It will execute the Errorhandling code although there is no error, cause if there is nothing found, sqlite_array_query returns an empty array, which is interpreted as 'false' here.
You will get an Message like:
'not an error'

Instead use:

<?
$return_data=@sqlite_array_query($query,$databaseHandle);
if($return_data===false)
{
   //Errorhandling code
}
?>
To Top