ScotlandPHP

sqlite_create_aggregate

SQLiteDatabase::createAggregate

(PHP 5 < 5.4.0, PECL sqlite >= 1.0.0)

sqlite_create_aggregate -- SQLiteDatabase::createAggregateSQLステートメントで使用する集約UDFを登録する

説明

public void sqlite_create_aggregate ( resource $dbhandle , string $function_name , callable $step_func , callable $finalize_func [, int $num_args = -1 ] )

オブジェクト指向型 (メソッド):

void SQLiteDatabase::createAggregate ( string $function_name , callable $step_func , callable $finalize_func [, int $num_args = -1 ] )

sqlite_create_aggregate() は、 sqlite_create_function() に似ていますが、 クエリの全レコードを通じて集約された結果を計算するために使用される 関数を登録するところが異なります。

この関数と sqlite_create_function() の主な違い は、二つの関数が集約を管理するために必要であることです。 step_funcは、結果セットの各レコードに関して コールされます。PHP関数は、結果を加算し、集約コンテキストに保存する 必要があります。 全レコードが処理された後、 finalize_funcがコールされ、 集約コンテキストからデータが取得され、結果が返されます。 コールバック関数は SQLite が認識可能な型 (すなわち スカラー型) を返す必要があります。

パラメータ

dbhandle

SQLite データベースリソース。手続きに従って、 sqlite_open() から返されます。 このパラメータは、 オブジェクト指向言語型メソッドを使用する場合は不要です。

function_name

SQL ステートメントで使用される関数名

step_func

結果セットの各レコードに対してコールされるコールバック関数。 この関数のパラメータは &$context, $value, ... です。

finalize_func

各レコードからの "段階的な" データを集約するためのコールバック関数。 この関数のパラメータは &$context で、 集約の最終的な結果を返さなければなりません。

num_args

見積もられた引数の数をコールバック関数が受け入れる場合に SQLite パーサへ渡すヒント

返り値

値を返しません。

例1 max_length 集約関数の例

<?php
$data 
= array(
   
'one',
   
'two',
   
'three',
   
'four',
   
'five',
   
'six',
   
'seven',
   
'eight',
   
'nine',
   
'ten',
   );
$dbhandle sqlite_open(':memory:');
sqlite_query($dbhandle"CREATE TABLE strings(a)");
foreach (
$data as $str) {
    
$str sqlite_escape_string($str);
    
sqlite_query($dbhandle"INSERT INTO strings VALUES ('$str')");
}

function 
max_len_step(&$context$string)
{
    if (
strlen($string) > $context) {
        
$context strlen($string);
    }
}

function 
max_len_finalize(&$context)
{
    return 
$context;
}

sqlite_create_aggregate($dbhandle'max_len''max_len_step''max_len_finalize');

var_dump(sqlite_array_query($dbhandle'SELECT max_len(a) from strings'));

?>

この例では、テーブルのあるカラムに存在する最長な文字列長を計算する 集約関数を生成します。各レコードに対して max_len_step 関数がコールされ、context パラメータが渡されます。 コンテキストパラメータは他の PHP 変数と同様で、 配列もしくはオブジェクト値を保持するよう設定されます。 この例では、単純にこれまでの最大長を保持するために使用しています。 もし string が現在の最大長よりも長い場合、 新しい最大長を保持するためにコンテキストを更新します。

全てのレコードが処理された後、SQLite は集約結果を決定するために max_len_finalize 関数をコールします。 ここで、context 内に見つかったデータに基づいた 計算のような処理を実行することができます。 ただ、この簡単な例では、クエリの処理が進むと共に結果を計算しているので、 単純にコンテキストの値を返す必要があります。

注意:

上記の例は、カラムがバイナリデータを含む場合に正しく動作しません。 なぜそうなるか、またどのようにバイナリエンコーディングを考慮するか についてはマニュアルページの sqlite_udf_decode_binary() を参照ください。

ヒント

SQLite がクエリを処理するために大量のメモリを使用する原因になるので、 コンテキストの値のコピーをストアした後でそれらを処理することは 推奨されません。 もし 32 バイトの文字列を含む 100 万レコードがメモリにストアされた場合、 どの程度のメモリが必要になるか考えてみてください。

ヒント

sqlite_create_function()sqlite_create_aggregate() を用いることで、 SQLite のネイティブな SQL 関数をオーバーライドすることが可能です。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top