xslt_setopt

(PHP 4 >= 4.3.0)

xslt_setopt指定した XSLT プロセッサにオプションを設定する

説明

mixed xslt_setopt ( resource $processor , int $newmask )

xslt_setopt() は、与えられた processornewmask で指定されるオプションを設定します。

パラメータ

processor

xslt_create() で作成した XSLT プロセッサリンク ID。

newmask

newmask は次の定数で定義されたビットマスクです。

  • XSLT_SABOPT_PARSE_PUBLIC_ENTITIES - プロセッサにパブリックなエンティティをパースするよう伝える。 デフォルトはオフ。

  • XSLT_SABOPT_DISABLE_ADDING_META - HTML 出力にメタタグ "Content-Type" を出力しない。 デフォルトはプロセッサのコンパイル時に設定される。

  • XSLT_SABOPT_DISABLE_STRIPPING - Suppress the whitespace stripping (on data files only).

  • XSLT_SABOPT_IGNORE_DOC_NOT_FOUND - 空白の除去を抑制する (データファイルの場合のみ) 。

返り値

以前の設定値が取得できた場合はその値、それ以外の場合は TRUE を返します。エラーが発生した場合は FALSE を返します。

例1 xslt_setopt() の例

<?php

$xh 
xslt_create();

// Sablotron にパブリックなエンティティを処理するよう伝える
xslt_setopt($xhXSLT_SABOPT_PARSE_PUBLIC_ENTITIES);

// 空白の除去もしてくれるよう問い合わせてみる
xslt_setopt($xhxslt_getopt($xh) | XSLT_SABOPT_DISABLE_STRIPPING);

?>

参考

  • xslt_getopt() - xsl プロセッサのオプションを取得する

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top