Bulgaria PHP Conference

導入

The Standard PHP Library (SPL) は、標準的な問題を解決するためのインターフェイスやクラスを集めたものです。

この拡張モジュールをビルドする際に、外部のライブラリは不要です。PHP 5.0.0 以降は、デフォルトでコンパイルされて使えるようになっています。

SPL は、標準データ構造や、オブジェクトを走査するためのイテレータ、インターフェイス、標準の例外、そしてファイルを扱うクラスなどを提供し、 spl_autoload_register() などの関数も提供します。

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
21
Mefi (zokni at mefi dot be)
1 year ago
SPL is a collection of classes and interfaces providing an API for built-in PHP functions, allowing developers to write  fully object oriented code with standard tools, using PHP in a
much more elegant way.
up
-1
Anonymous
2 years ago
SPL provides a standard set of interfaces for PHP5. The aim of SPL is to implement some efficient data access interfaces and classes for PHP. Functionally it is designed to traverse aggregate structures (anything you want to loop over). These may include arrays, database result sets, xml trees, directory listings or any list at all. Currently SPL deals with Iterators.
To Top