PHP 5.4.36 Released

クラスとオブジェクトの変更点

instanceofis_a()is_subclass_of() および catch

PHP 5.0 で is_a() は非推奨となり、instanceof 演算子に置き換えられました。 instanceof の初期の実装にはいくつかの問題があり、クラスを探すために __autoload() に頼っていました。もしクラスが存在しなかった場合、 __autoload() に失敗するために instanceof は致命的な E_ERROR をスローしていました。 同じ理由で、catch 演算子や is_subclass_of() 関数でも同様の現象が発生していました。

PHP 5.1 では、これらの関数や演算子は __autoload() をコールしません。 また、PHP 5.0.x ではこの問題の回避策として class_exists() が使用可能です。 大きな問題ではありませんが、この回避策はもはや必要ありません。

抽象 private メソッド

PHP 5.0.0 から PHP 5.0.4 まででは抽象 private メソッドがサポートされていましたが、 これは禁止されました。なぜなら privateabstract とは決して両立することのない概念だからです。

インターフェイスのアクセス修飾子

PHP 5.0 では、インターフェイス内での関数定義はクラス内での関数定義と同じように扱われました。 2004 年 10 月以降はそうではなくなり、インターフェイス内での関数定義では public 以外のアクセス修飾子を指定できなくなりました。 そして 2005 年 4 月、PHP 5.0b1 のリリース前に、static 修飾子も許可されるようになりました。しかし、protected 修飾子や private 修飾子を指定しようとすると E_ERROR をスローします。 abstract も同様です。 この変更が既存のコードに影響を及ぼすことはないはずです。 結局のところ、インターフェイス内でこれら (protected, private, abstract) を指定してもそれは意味のないものだからです。

継承規則の変更

PHP 5.0 では、基底クラスの同名の関数定義と一致しない関数を 派生クラスの中で定義することが可能でした。たとえば以下のようなものです。

PHP 5.1.x では、このコードは E_STRICT エラーを発生させます。

<?php
class Base {
    function &
return_by_ref() {
        
$r 1;
        return 
$r;
    }
}

class 
Derived extends Base {
    function 
return_by_ref() {
        return 
1;
    }
}
?>

クラス定数

PHP 5.0.x では、以下のコードは正しいものでした。

PHP 5.1.x では、クラス定数を再定義すると、致命的なエラー E_ERROR がスローされます。

<?php
class test {
    const 
foobar 'foo';
    const 
foobar 'bar';
}

?>
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top