PHP 5.5.16 is released

その他の拡張モジュールに対する変更

以下の拡張モジュールは configure スクリプトの実行中に無効にすることができなくなりました。

拡張モジュールに対する振る舞いの変更や新機能は以下の通りです。

  • 日付と時刻 - TZ 環境変数はタイムゾーンを推測するのに使われなくなりました。
  • cURL - cURL が SSHプロトコルをサポートするようになりました。
  • ネットワーク関数 - dns_check_record() が、 追加の「エントリ」インデックスを返すようになりました。これには TXT 要素が含まれます。
  • Hash関数 - SHA-224 と salsa ハッシュアルゴリズムがサポートされました。
  • マルチバイト文字列関数(mbstring) - CP850 エンコーディングがサポートされました。
  • OCI8 - oci_close()関数を持続的接続の途中で呼び出したり、 持続的接続を参照している変数がスコープの外に出ると、 全てのコミットされていないトランザクションがロールバックされるようになりました。 ユーザーは明示的にコミットするか、ロールバックすることが必要です。 oci8.old_oci_close_semantics=On と設定することで以前の振る舞いを残すことができます。 Database Resident Connection Pooling (DRCP), Fast Application Notification (FAN) をサポートしました。 Oracle External Authentication (Windowsでは未サポート) をサポートしました。 oci_bind_by_name()関数は引数のタイプとして SQLT_AFC (CHAR データ型の別名) をサポートしています。
  • OpenSSL - OpenSSL のダイジェストと暗号関数がサポートされました。 また、DSA, RSA, DH 鍵の内部値にもアクセスできるようになっています。
  • Session - open_basedir の制限が有効な場合、 "/tmp" を許可するパスに追加しない限り、セッションファイルを /tmpディレクトリに保存しなくなりました。
  • SOAP ユーザー定義のHTTPヘッダを送信できるようになりました。
  • MySQLi ホスト名に "p:" を追加することで持続的接続ができるようになりました。
  • 画像処理(GD) gd_info() 関数が返す "JPG Support" というインデックスが "JPEG Support" に変更されました。
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top