PHP Unconference Europe 2015

その他の変更

  • SplFileInfo::getpathinfo() メソッドは、パス名に関する情報を返すようになりました。
  • SplObjectStorage クラス は ArrayAccess インターフェイスをサポートしました。オブジェクトに関連付けた情報を SplObjectStorage に格納することもできるようになっています。
  • GD関数では、imagefilter() 関数を使ってモザイク効果を適用できるようになりました。
  • var_dump() 関数の出力に private なオブジェクトプロパティの値も含まれるようになりました。
  • session_start() 関数はセッションの開始に失敗すると FALSE を返します。
  • property_exists() 関数は、 プロパティのアクセス制限に関係なくプロパティの存在をチェックするようになりました (method_exists() と似た動作をします)。
  • ストリームラッパーinclude_path で制御できるようになりました。
  • array_reduce() 関数の initial 引数にあらゆる型の値を渡せるようになりました。
  • ディレクトリ関数 opendir(), scandir(), そして dir() 関数は context 引数が渡されなければ、デフォルトのコンテキストを使うようになりました。
  • crypt() 関数が Blowfish と 拡張 DES をサポートし、 crypt() 関数の機能は100%移植可能になりました。 PHP は cryptcrypt_r のサポートがないプラットフォーム場合に使う crypt の内部実装を持っています。
  • getopt() 関数は全てのプラットフォームで "長いオプション(--で始まる引数)" を受け付けるようになりました。 オプションの(必須でない)値に対応し、引数と値の区切り文字として = が使えるようになりました。
  • fopen() 関数の mode 引数に (n) が加わりました。これを渡すと、 O_NONBLOCKsyscall() を呼ぶときに渡されます。 このモードは、現在 Windows ではサポートされていないことに注意しましょう。
  • getimagesize() 関数は、アイコンファイル (.ico) をサポートするようになりました。
  • mhash 拡張モジュールが PECL に移動しました。しかし、PHP のコンパイル時に --with-mhash を指定すれば、 Hash 拡張モジュールで mhash をサポートさせることができます。Hash 拡張モジュールは、 mhash エミュレーションを有効にするか否かにかかわらず mhash ライブラリを必要としないことに注意しましょう。
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top