PHP 5.4.36 Released

その他の変更

  • htmlspecialchars() および htmlentities() のデフォルトの文字セットが ISO-8859-1 から UTF-8 に変わりました。出力文字セットを default_charset で変更しても、htmlspecialchars/htmlentities のデフォルトには影響が及ばないことに注意しましょう。 この変更を反映させるには、 htmlspecialchars()/htmlentities() をコールするときに、エンコーディングとして "" (空文字列) を指定しなければなりません。 ただ、一般にこの方法はおすすめできません。 この方法を使うと、出力文字セットが実行時の設定に依存してしまうからです。 安全策として、htmlspecialchars()htmlentities() をコールするときには文字セットを毎回明示するようにしましょう。
  • error_reporting において、 E_ALLE_STRICT を含むようになりました。
  • SNMP が OOP API に対応しました。 関数は、SNMP 関連のもの (インスタンスが存在しない、MIB の終端に到達したなど) も含めてすべてのエラーで FALSE を返すようになりました。 特に get/walk 関数で、以前の挙動とは変わります。 以前は SNMP 関連のエラーでは空文字列を返していました。 複数 OID の get/getnext/set クエリをサポートするようになりました。 UCD-SNMP 互換のコードを削除しました。net-snmp v5.3 以降へのアップグレードを検討しましょう。 Windows 版では Net-SNMP v5.4 以降が必要です。 IPv6 のサポートのため、リモート SNMP エージェント (ピア) の DNS 名前解決は拡張モジュール自身が行うようになりました。 Net-SNMP ライブラリには頼りません。
  • OpenSSL が AES に対応しました。
  • CLI SAPI を readline サポートつきで対話的に使っているときに、 fatal エラーが発生しても強制終了されなくなりました。
  • $_SERVER['REQUEST_TIME_FLOAT'] が追加され、マイクロ秒単位の精度も取得できるようになりました。
  • 新しいハッシュアルゴリズム fnv132, fnv164, joaat が追加されました。
  • 文字列のオフセットの連鎖 (たとえば $a が文字列の場合の $a[0][0]) が動作するようになりました。
  • SimpleXMLElement を配列にキャストすると、 最初にマッチしたノードだけでなくすべてのノードが含まれるようになりました。 var_dump()var_export() そして print_r() を使った場合に、 SimpleXMLElement のすべての子が常に表示されるようになります。
  • クラスのコンストラクタ __construct の引数を、 基底クラスの abstract コンストラクタで強制できるようになりました。
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top