MongoCursor::dead

(PECL mongo >=0.9.6)

MongoCursor::deadこのカーソルにまだデータベースから送信されていないドキュメントがあるかどうかを調べる

説明

public bool MongoCursor::dead ( void )

データベースは、一回の応答で最大 4MB までのドキュメントをひとまとめにして送信します。 このメソッドは、まだ送信されていないまとまりがあるか もう結果セットはなくなったのかを調べます。

カーソルが "死んでいる" というのは MongoCursor::hasNext()FALSE を返すという意味ではなく、 単にデータベースがクライアントに結果を送信し終えたという意味です。 クライアント側では、 MongoCursor::hasNext()FALSE になるまで反復処理を続けなければなりません。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

クライアントにまだ送られていない結果が残っているかどうかを返します。

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
1
Anonymous
1 year ago
Return value is not specified correctly in the documentation
To Top