PHP Australia Conference 2015

MongoGridFS::storeUpload

(PECL mongo >=0.9.0)

MongoGridFS::storeUploadアップロードされたファイルをデータベースに格納する

説明

public mixed MongoGridFS::storeUpload ( string $name [, array $metadata ] )

パラメータ

name

アップロードされたファイルの name フィールド。 これは、HTML フォームの file フィールドの name 属性と同じでなければいけません。

metadata

格納するファイルに含めるその他のメタデータフィールド。

注意:

これらのフィールドは、ドライバが自動生成したフィールドも上書きします。詳しい説明は、MongoDB コアドキュメントの » files collection を参照ください。この挙動の現実的な使い道としては、ファイルの chunkSize_id を独自に指定する場合などがあります。

注意:

filename フィールドには、クライアントのファイル名 ($_FILES['foo']['name'] など) が入ります。

返り値

格納したファイルドキュメントの _id を返します。metadata パラメータで _id を明示的に指定していない場合は、自動生成した MongoId となります。

注意:

複数のファイルを同じフィールド名でアップロード した場合は、このメソッドは何も返しません。 しかし、ファイル自体の処理はそのまま行われます。

エラー / 例外

アップロードされたファイルの読み込みに失敗したり、 chunks あるいは files コレクションへの追加に失敗したりした場合に MongoGridFSException をスローします。

変更履歴

バージョン 説明
1.2.5 二番目のパラメータがメタデータの配列に変わりました。これより前のバージョンでは、 二番目のパラメータはオプションの文字列で、ファイル名を上書きするものでした。

例1 MongoGridFS::storeUpload() を使った HTML フォームの例

こんな HTML フォームがあるものとします。

<form method="POST" enctype="multipart/form-data">
    <label for="username">ユーザー名</label>
    <input type="text" name="username" id="username" />

    <label for="pic">プロフィール画像をアップロードしてください</label>
    <input type="file" name="pic" id="pic" />

    <input type="submit" />
</form>

アップロードされたファイルを MongoDB に格納するには、フォームの投稿を処理するスクリプト側でこのようにします。

<?php
$m 
= new MongoClient();
$gridfs $m->selectDB('test')->getGridFS();

$gridfs->storeUpload('pic', array('username' => $_POST['username']));
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top