PHP 5.6.0 released

特殊関数__sleep および __wakeup

serialize() は、クラスに特殊な名前 __sleep の関数があるかどうかを調べます。 もしあれば、シリアル化の前にその関数を実行します。 この関数で、オブジェクトをクリアすることができます。 またこの関数は、シリアル化するオブジェクトについて、 すべての変数の名前を配列で返すことが前提となっています。 このメソッドが何も返さなかった場合は、NULL がシリアル化され、E_NOTICE が発生します。

典型的な __sleep の使用法は、 途中のデータをコミットしたり、 似たようなタスクのクリアを行うといったものです。 また、オブジェクトが非常に大きく、かつ、完全に保存する必要がない場合、 この関数が有用です。

逆に、 unserialize() は、特殊な名前 __wakeup を有する関数が存在するかどうかを確認し ます。これが存在する場合、この関数は、そのオブジェクトが有する全て のリソースを再構築することが可能です。

典型的な__wakeupの使用法は、シリアル化により失っ たデータベース接続を全て再度復旧したり、その他の再初期化作業を実行 したりといったものです。

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
-19
ranware2200 at yahoo dot com
3 years ago
This is a simple example of how to implement serialization using the __sleep and __wakeup magic methods...

<?php
//student.class.php
class Student{
    private
$full_name = '';
    private
$score = 0;
    private
$grades = array();
   
    public function
__construct($full_name, $score, $grades)
    {
       
$this->full_name = $full_name;
       
$this->grades = $grades;
       
$this->score = $score;
    }
   
    public function
show()
    {
        echo
$this->full_name;
    }
   
    function
__sleep()
    {
        echo
'Going to sleep...';
        return array(
'full_name', 'grades', 'score');
    }
   
    function
__wakeup()
    {
        echo
'Waking up...';
    }
}
?>

<?php
//a.php
include 'student.class.php';

$student = new Student('bla bla', 'a', array('a' => 90, 'b' => 100));
$student->show();
echo
"<br />\n";
$s = serialize($student);
echo
$s ."<br />\n";
$fp = fopen('./uploads/session.s', 'w');
fwrite($fp, $s);
fclose($fp);
?>

<?php
//b.php
include 'student.class.php';

$s = implode('', file("./uploads/session.s"));
echo
$s ."<br />\n";
$a = unserialize($s);
$a->show();
?>
To Top