Last 5.3 release ever available: PHP 5.3.29 - 5.3 now EOL

SCA 関数

定義済みクラス

SCA へのインターフェイスのほとんどは、SCA コンポーネントのアノテーションを用いて操作します。 そのため、パブリックなクラスやメソッドは少ししかありません。 スクリプトやコンポーネントからコールできるクラスは、 SCA クラスそのもののほかには プロキシクラスである SCA_LocalProxySCA_SoapProxy だけです。

SCA

SCA クラスのほとんどの作業は、SCA コンポーネントにファイル SCA.php をインクルードしたときに行われます。しかし、PHP スクリプトは SCA.php をインクルードしてから SCA クラスの getService() メソッドをコールし、 サービスのプロキシを取得することもできます。 コンポーネントは、これを行う必要はありません。というのも、 インスタンス変数と @reference アノテーションを定義することでプロキシを取得できるからです。

SDO を作成して呼び出し元に返す必要があるコンポーネントは、 データファクトリが必要となります。この目的のために、SCA クラスは createDataObject() メソッドをサポートしています。 これは、コンポーネントの @types アノテーションで定義したモデルに基づいた SDO を作成します。 createDataObject() への引数は、 SDO の XML データアクセスサービスと同じです。

メソッド

SCA_LocalProxy

getService() に 対象となるローカル PHP コンポーネントを指定してコールすると、 ローカルプロキシが返されます。 ローカルプロキシは、@reference および @binding.php アノテーションで定義されたコンポーネントのインスタンス変数に注入されます。 スクリプトあるいはコンポーネントがローカルプロキシをコールすると、 それが対象のコンポーネント自身に渡されます。

SDO を作成して呼び出し元に返す必要があるコンポーネントは、 データファクトリが必要となります。この目的のために、 SCA_LocalProxy クラスは createDataObject() メソッドをサポートしています。 これは、コンポーネントの @types アノテーションで定義したモデルに基づいた SDO を作成します。 createDataObject() への引数は、 SDO の XML データアクセスサービスと同じです。

メソッド

SCA_SoapProxy

getService() に 対象となる WSDL ファイルを指定してコールすると、 SOAP プロキシが返されます。 SOAP プロキシは、@reference および @binding.soap アノテーションで定義されたコンポーネントのインスタンス変数に注入されます。 スクリプトあるいはコンポーネントが SOAP プロキシをコールすると、 それがウェブサービスへの SOAP リクエストに変換され、 PHP の Soap 拡張モジュールの助けを得て対象のコンポーネントに渡されます。

SDO を作成して呼び出し元に返す必要があるコンポーネントは、 データファクトリが必要となります。この目的のために、 SCA_SoapProxy クラスは createDataObject() メソッドをサポートしています。 これは、対象の WSDL で定義したモデルに基づいた SDO を作成します。 createDataObject() への引数は、 SDO の XML データアクセスサービスと同じです。

メソッド

目次

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top