PHP 5.5.16 is released

目次

これ以降の節の例では、PHP for SCA の次のような側面を説明します。

  • PHP のアノテーションを使用して PHP のクラスを SCA コンポーネントとして定義する方法、 そしてアノテーションを使用してサービスを定義する方法。

  • SCA コンポーネントをウェブサービスとして公開する方法。

  • SCA コンポーネントから別のウェブサービスを使用する方法。 使用するウェブサービスが別の SCA コンポーネントである場合と まったく SCA とは関係ないサービスである場合の両方を示します。

  • SCA コンポーネントから、ローカル (同一プロセス、同一コールスタック) の別の SCA コンポーネントをコールする方法。

  • SCA コンポーネントではないクライアントスクリプトが、 getService をコールして SCA コンポーネントのプロキシを使用する方法。

  • 住所や発注データなどのデータ構造を Service Data Object で表現し、処理する方法。

  • SCA コンポーネントを配置する方法。特に、サービスの WSDL がいつどのように作成されるか。

  • コンポーネント間でのパラメータの受け渡しが、ローカルコールであっても (参照ではなく) 値渡しとなること。これにより、 コンポーネントの場所にかかわらずコール方法が同じになります。

  • サービスへの、位置指定によるパラメータをサポートする方法。 もとになる WSDL がドキュメントリテラルをラップしたもので、 通常は名前指定によるパラメータしかサポートしていない場合も含みます。

  • ビジネスロジックのエラーや実行時例外の処理方法

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top