PHP 5.5.20 is available

SWFDisplayItem::setRatio

(PHP 5 <= 5.3.0, PECL ming SVN)

SWFDisplayItem::setRatioオブジェクトの比を設定する

説明

void SWFDisplayItem::setRatio ( float $ratio )
警告

この関数は、 実験的 なものです。この関数の動作・ 名前・その他ドキュメントに書かれている事項は、予告なく、将来的な PHP のリリースにおいて変更される可能性があります。 この関数は自己責任で使用してください。

swfdisplayitem::setratio() は、オブジェクトの比を ratio に設定します。明らかに、これは morph に対してのみ有用です。

オブジェクトは、swfshape()swfbutton()swftext()swfsprite() のいずれかとなります。 これは、swfmovie::add() で追加されたものでなければなりません。

返り値

値を返しません。

この単純な例では、3 つの同心円をうまく変形させます。

例1 swfdisplayitem::setname() の例

<?php

$p 
= new SWFMorph();

$g = new SWFGradient();
$g->addEntry(0.0000);
$g->addEntry(0.160xff0xff0xff);
$g->addEntry(0.32000);
$g->addEntry(0.480xff0xff0xff);
$g->addEntry(0.64000);
$g->addEntry(0.800xff0xff0xff);
$g->addEntry(1.00000);

$s $p->getShape1();
$f $s->addFill($gSWFFILL_RADIAL_GRADIENT);
$f->scaleTo(0.05);
$s->setLeftFill($f);
$s->movePenTo(-160, -120);
$s->drawLine(3200);
$s->drawLine(0240);
$s->drawLine(-3200);
$s->drawLine(0, -240);

$g = new SWFGradient();
$g->addEntry(0.0000);
$g->addEntry(0.160xff00);
$g->addEntry(0.32000);
$g->addEntry(0.4800xff0);
$g->addEntry(0.64000);
$g->addEntry(0.80000xff);
$g->addEntry(1.00000);

$s $p->getShape2();
$f $s->addFill($gSWFFILL_RADIAL_GRADIENT);
$f->scaleTo(0.05);
$f->skewXTo(1.0);
$s->setLeftFill($f);
$s->movePenTo(-160, -120);
$s->drawLine(3200);
$s->drawLine(0240);
$s->drawLine(-3200);
$s->drawLine(0, -240);

$m = new SWFMovie();
$m->setDimension(320240);
$i $m->add($p);
$i->moveTo(160120);

for (
$n=0$n<=1.001$n+=0.01) {
    
$i->setRatio($n);
    
$m->nextFrame();
}

header('Content-type: application/x-shockwave-flash');
$m->output();
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top