PHP 5.4.36 Released

SwishSearch::setStructure

(PECL swish >= 0.1.0)

SwishSearch::setStructure検索オブジェクトの構造フラグを設定する

説明

void SwishSearch::setStructure ( int $structure )
警告

この関数は、 実験的 なものです。この関数の動作・ 名前・その他ドキュメントに書かれている事項は、予告なく、将来的な PHP のリリースにおいて変更される可能性があります。 この関数は自己責任で使用してください。

パラメータ

structure

構造フラグはビットマスクで表され、HTML ドキュメントの特定の部分 (title、meta、body など) に検索対象を絞り込みます。 指定できる値の一覧を以下に示します。複数の値を組み合わせるには、 論理 OR 演算子を使用します。以下に例を示します。

  • Swish::IN_FILE

  • Swish::IN_TITLE

  • Swish::IN_HEAD

  • Swish::IN_BODY

  • Swish::IN_COMMENTS

  • Swish::IN_HEADER

  • Swish::IN_EMPHASIZED

  • Swish::IN_META

返り値

値を返しません。

例1 基本的な SwishSearch::setStructure() の例

<?php

try {

    
$swish = new Swish("index.swish-e");
    
$search $swish->prepare();

    
$results $search->execute("time");
    echo 
"First query found: "$results->hits" hits\n";

    
$search->setStructure(Swish::IN_TITLE|Swish::IN_HEAD); // title および head を検索します
    
$results $search->execute("time");
    echo 
"Second query found: "$results->hits" hits\n";

    
$search->setStructure(Swish::IN_ALL); // ドキュメント全体を検索します。デフォルト値です
    
$results $search->execute("time");
    echo 
"Third query found: "$results->hits" hits\n";

} catch (
SwishException $e) {
    echo 
$e->getMessage(), "\n";
}

?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

First query found: 5 hits
Second query found: 0 hits
Third query found: 5 hits

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top