ConFoo: Call for paper is now Open

Tidy

  • 導入
  • インストール/設定
  • 定義済み定数
  • tidy — tidy クラス
    • tidy::body — Tidy パースツリーの <body> タグから始まる tidyNode オブジェクトを返す
    • tidy::cleanRepair — パースされたマークアップに設定に基く誤りの修正を行う
    • tidy::__construct — 新しい tidy オブジェクトを作成する
    • tidy::diagnose — パース、修正されたマークアップの診断を行う
    • tidy::$errorBuffer — 指定したドキュメントのパースで発生した警告とエラーを返す
    • tidy::getConfig — 現在の Tidy の設定を取得する
    • tidy::getHtmlVer — 指定したドキュメントで検出された HTML バージョンを取得する
    • tidy::getOpt — Tidy ドキュメントについて指定した設定オプションの値を返す
    • tidy::getOptDoc — 与えられたオプション名に対するドキュメントを返す
    • tidy::getRelease — Tidy ライブラリのリリース日 (バージョン) を取得する
    • tidy::getStatus — 指定したドキュメントのステータスを取得する
    • tidy::head — Tidy パースツリーの <head> タグから始まる tidyNode オブジェクトを返す
    • tidy::html — Tidy パースツリーの <html> タグから始まる tidyNode オブジェクトを返す
    • tidy::isXhtml — ドキュメントが XHTML ドキュメントかどうかを示す
    • tidy::isXml — ドキュメントが一般的な XML ドキュメント (非 HTML/XHTML) かどうかを示す
    • tidy::parseFile — ファイルまたは URI にあるマークアップをパースする
    • tidy::parseString — 文字列にストアされたドキュメントをパースする
    • tidy::repairFile — ファイルを修正し、それを文字列として返す
    • tidy::repairString — 別途提供される設定ファイルを使用して文字列を修正する
    • tidy::root — Tidy パースツリーのルートを表す tidyNode を返す
  • tidyNode — tidyNode クラス
  • Tidy 関数
    • ob_tidyhandler — バッファを修正するための ob_start コールバック関数
    • tidy_access_count — 指定したドキュメントについて発生したTidyアクセシビリティ警告の数を返す
    • tidy_config_count — 指定したドキュメントについて発生した Tidy 設定エラーの数を返す
    • tidy_error_count — 指定したドキュメントについて発生した Tidy エラーの数を返す
    • tidy_get_output — パースされた Tidy マークアップを表す文字列を返す
    • tidy_load_config — 指定したエンコーディングで ASCII コードの Tidy 設定ファイルをロードする
    • tidy_reset_config — Tidy の設定をデフォルト値に戻す
    • tidy_save_config — 現在の設定を名前が付けられたファイルに保存する
    • tidy_set_encoding — マークアップをパースする際の入力/出力エンコーディングを設定する
    • tidy_setopt — 指定した Tidy ドキュメントについての設定を更新する
    • tidy_warning_count — 指定したドキュメントについて発生した Tidy 警告の数を返す
add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
sirmonko at tapirpirates dot net
5 years ago
here are the configuration options for tidy:
http://tidy.sourceforge.net/docs/quickref.html
To Top