PHP 7.1.0 Released

設定ファイル

設定ファイル (php.ini) は PHP の起動時に読み込まれます。 PHP のサーバーモジュール版では、Web サーバーの起動時に 一度だけ読み込まれます。CGI 版と CLI 版では、スクリプトが呼び出される度に読み込まれます。

読み込む php.ini は、これらの場所を順に探します。

  • SAPI モジュール特有の場所 (Apache 2 における PHPIniDir ディレクティブ、 CGI/CLI 版における -c コマンドラインオプション、 NSAPI における php_ini パラメータ、 THTTPD における PHP_INI_PATH 環境変数)
  • PHPRC 環境変数。PHP 5.2.0 より前では、 これは、次に挙げるレジストリキーの後にチェックされていました。
  • PHP 5.2.0 以降では、PHP のバージョンごとに別の場所の php.ini を使用することができます。以下のレジストリキーを順に調べて使用します。 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP\x.y.z][HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP\x.y] および [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP\x]。 x、y および z はそれぞれ PHP のメジャーバージョン、マイナーバージョン、 リリース番号を表します。これらのキーに IniFilePath の値が設定されていれば、最初に見つかった場所の php.ini を使用します (Windows のみ)。
  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP] にある IniFilePath の値 (Windows のみ)。
  • 現在の作業ディレクトリ (CLI を除く)

  • Web サーバーのディレクトリ (SAPI モジュールの場合)、 もしくは PHP ディレクトリ (そうでない Windows の場合)
  • Windows ディレクトリ (C:\windows もしくは C:\winnt)) (Windows の場合) 、もしくはコンパイル時のオプション --with-config-file-path

php-SAPI.ini (ここで SAPI は使用する SAPI 名。 たとえば php-cli.iniphp-apache.ini) が存在する場合、 php.ini の代わりに使用されます。 SAPI 名は php_sapi_name() によって決定されます。

注意:

Apache web サーバーは、スタート時にディレクトリをルート に変更するので、ファイルシステムのルートに php.ini が存在する場合、PHP はそれを読もうとします。

php.ini の中で環境変数を使うには、次のようにします。

例1 php.ini での環境変数

; 環境変数 PHP_MEMORY_LIMIT を利用します
memory_limit = ${PHP_MEMORY_LIMIT}

拡張モジュールに対する php.ini ディレクティブは、 各拡張モジュールのドキュメントで解説されています。 コア ディレクティブ (PHP 本体に対するディレクティブ)のリストは付録にまとめられています。 ただし、(更新の都合上)すべての PHP ディレクティブが 本マニュアル中で解説されている訳ではありません。 使っているバージョンの PHP で指定可能なすべてのディレクティブについては、 php.ini ファイル内に詳細なコメントが記されていますので、参照してください。 もしくは、Git から入手可能な »  最新の php.ini も有用でしょう。

例2 php.ini の例

; 引用符をつけないセミコロン(;)の後のテキストは、すべて無視されます
[php] ; セクションマーカ (角括弧の中のテキスト) は無視されます
; 論理値は、次のいずれかで指定します
;    true, on, yes
; または false, off, no, none
register_globals = off
magic_quotes_gpc = yes

; 文字列を二重引用符で括ることも可能です
include_path = ".:/usr/local/lib/php"

; バックスラッシュは他の文字と同様に処理されます
include_path = ".;c:\php\lib"

PHP 5.1.0 以降、ini ファイル内で既存の ini 変数を参照することが可能です。 例: open_basedir = ${open_basedir} ":/new/dir"

スキャンディレクトリ

PHP の設定で、php.ini を読んだ後に .ini ファイルを探すディレクトリを指定できます。 これは、コンパイル時のオプション --with-config-file-scan-dir で設定します。 PHP 5.2.0 以降では、このスキャンディレクトリを実行時に上書きできるようになりました。 環境変数 PHP_INI_SCAN_DIR で指定します。

複数のディレクトリを指定するには、各プラットフォームのパス区切り文字 (Window や NetWare そして RISC OS の場合は ;、 その他のプラットフォームの場合は :。PHP が用いる値は定数 PATH_SEPARATOR で取得できます) を用います。PHP_INI_SCAN_DIR に空文字列が指定された場合は、 PHP のコンパイル時に --with-config-file-scan-dir で指定されたディレクトリもスキャンします。

指定されたディレクトリの中にあるファイルの中で、ファイル名が .ini で終わるすべてのファイルを、アルファベット順にスキャンします。 読み込まれたファイルの一覧とその順序を調べるには、 php_ini_scanned_files() を呼ぶか、あるいは --ini オプションつきで PHP を実行します。

PHP のコンパイル時に --with-config-file-scan-dir=/etc/php.d
を指定しており、パス区切り文字が : であるものとします

$ php
  PHP は /etc/php.d/*.ini を設定ファイルとして読み込みます。

$ PHP_INI_SCAN_DIR=/usr/local/etc/php.d php
  PHP は /usr/local/etc/php.d/*.ini を設定ファイルとして読み込みます。

$ PHP_INI_SCAN_DIR=:/usr/local/etc/php.d php
  PHP はまず /etc/php.d/*.ini を設定ファイルとして読み込み、
  続いて /usr/local/etc/php.d/*.ini も設定ファイルとして読み込みます。

$ PHP_INI_SCAN_DIR=/usr/local/etc/php.d: php
  PHP はまず /usr/local/etc/php.d/*.ini を設定ファイルとして読み込み、
  続いて /etc/php.d/*.ini を設定ファイルとして読み込みます。

変更履歴

バージョン 説明
7.0.0 ハッシュ記号 (#) をコメントとみなさないようになりました。
5.3.0 ハッシュ記号 (#) をコメントとして使ってはいけないようになりました。 もし使うと、廃止予定だという警告を発します。
5.2.0 環境変数 PHP_INI_SCAN_DIR によって、 configure 時に指定したスキャンディレクトリを上書きできるようになりました。
5.1.0 .ini ファイル内で既存の .ini 変数を参照できるようになりました。

add a note add a note

User Contributed Notes 4 notes

up
-1
ohcc at 163 dot com
3 months ago
in php.ini you can reference to an existing directive or an environment variable using the syntax ${varname}.

Here are some examples.

sys_temp_dir = "${WINDIR}"

--- ${WINDIR} will be replaced by $_ENV['WINDIR'] at runtime

--- you can set environment variables by Apache and use them in php.ini
--- FcgidInitialEnv AUTHOR "WUXIANCHENG"
--- error_log = "${AUTHOR}.log"

error_log = "${sys_temp_dir}"

--- ${sys_temp_dir} will be replace by the value of sys_temp_dir

Also you can use PHP constants in php.ini, but DONT'T wrap them in ${} or "".

error_log = "/data/"PHP_VERSION"/"

---  it works like this php code:

$error_log =  "/data/" . PHP_VERSION . "/";
up
-12
pajoye at php dot net
2 years ago
Also a nice feature is the ability to use PHP's contants:
For example:
extension_dir=""PHP_MAJOR_VERSION"."PHP_MINOR_VERSION"/ext"
up
-13
edgardoboj at hotmail dot com
1 year ago
If you have multiple installations of PHP, and "php --ini" keeps loading the same configuration file for every version instead of the configuration file on the installation path, it might be worthy to check the windows registry.

I found a key on "HEKY_LOCAL_MACHINE\SOFTEARE\Wow6432Node\PHP\IniFilePath" that override any installation, which cause "php --ini" to crash stating a version mismatch with the extensions being loaded.

Deleting the key "HEKY_LOCAL_MACHINE\SOFTEARE\Wow6432Node\PHP" solved the problem.

I guess the key was created with a windows installer for IIS on FastCGI, but just guessing.

For the record, some of the errors thrown are:
"The procedure entry point php_sys_stat could not be located in the dynamic link library php5.dll. "
"The procedure entry point php_checkuid could not be located in the dynamic link library php5.dll. "

Hope someone with such a mess will find this useful.
up
-14
Nacho Esviza - ignacio at esviza dot com
2 years ago
This solution works for me when I needed to force two diferent versions of PHP on a Windows Server 2012 r2 & IIS:

For one application, map *.php extension to a CgiModule adding the "-c" option to the executable path, like this: "C:\php53\php-cgi.exe -c C:\php53\php.ini"

For the other application, map *.php extension to a CgiModule adding the "-c" option to the executable path, like this: "C:\php54\php-cgi.exe -c C:\php54\php.ini"

I think that way is the cleanest, because there is no need to work with PATH variable or Registry or Windows directory.

Note: for some reason, this didn't work on FastCGI module, related to the way that IIS set the executable tab not allowing command line options.
To Top