設定ファイル

設定ファイル (php.ini) は PHP の起動時に読み込まれます。 PHP のサーバーモジュール版では、Web サーバーの起動時に 一度だけ読み込まれます。CGI 版と CLI 版では、スクリプトが呼び出される度に読み込まれます。

読み込む php.ini は、これらの場所を順に探します。

  • SAPI モジュール特有の場所 (Apache 2 における PHPIniDir ディレクティブ、 CGI/CLI 版における -c コマンドラインオプション、 NSAPI における php_ini パラメータ、 THTTPD における PHP_INI_PATH 環境変数)
  • PHPRC 環境変数。PHP 5.2.0 より前では、 これは、次に挙げるレジストリキーの後にチェックされていました。
  • PHP 5.2.0 以降では、PHP のバージョンごとに別の場所の php.ini を使用することができます。以下のレジストリキーを順に調べて使用します。 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP\x.y.z][HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP\x.y] および [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP\x]。 x、y および z はそれぞれ PHP のメジャーバージョン、マイナーバージョン、 リリース番号を表します。これらのキーに IniFilePath の値が設定されていれば、最初に見つかった場所の php.ini を使用します (Windows のみ)。
  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP] にある IniFilePath の値 (Windows のみ)。
  • 現在の作業ディレクトリ (CLI を除く)

  • Web サーバーのディレクトリ (SAPI モジュールの場合)、 もしくは PHP ディレクトリ (そうでない Windows の場合)
  • Windows ディレクトリ (C:\windows もしくは C:\winnt)) (Windows の場合) 、もしくはコンパイル時のオプション --with-config-file-path

php-SAPI.ini (ここで SAPI は使用する SAPI 名。 たとえば php-cli.iniphp-apache.ini) が存在する場合、 php.ini の代わりに使用されます。 SAPI 名は php_sapi_name() によって決定されます。

注意:

Apache web サーバーは、スタート時にディレクトリをルート に変更するので、ファイルシステムのルートに php.ini が存在する場合、PHP はそれを読もうとします。

php.ini の中で環境変数を使うには、次のようにします。

例1 php.ini での環境変数

; 環境変数 PHP_MEMORY_LIMIT を利用します
memory_limit = ${PHP_MEMORY_LIMIT}

拡張モジュールに対する php.ini ディレクティブは、 各拡張モジュールのドキュメントで解説されています。 コア ディレクティブ (PHP 本体に対するディレクティブ)のリストは付録にまとめられています。 ただし、(更新の都合上)すべての PHP ディレクティブが 本マニュアル中で解説されている訳ではありません。 使っているバージョンの PHP で指定可能なすべてのディレクティブについては、 php.ini ファイル内に詳細なコメントが記されていますので、参照してください。 もしくは、Git から入手可能な »  最新の php.ini も有用でしょう。

例2 php.ini の例

; 引用符をつけないセミコロン(;)の後のテキストは、すべて無視されます
[php] ; セクションマーカ (角括弧の中のテキスト) は無視されます
; 論理値は、次のいずれかで指定します
;    true, on, yes
; または false, off, no, none
register_globals = off
magic_quotes_gpc = yes

; 文字列を二重引用符で括ることも可能です
include_path = ".:/usr/local/lib/php"

; バックスラッシュは他の文字と同様に処理されます
include_path = ".;c:\php\lib"

PHP 5.1.0 以降、ini ファイル内で既存の ini 変数を参照することが可能です。 例: open_basedir = ${open_basedir} ":/new/dir"

add a note add a note

User Contributed Notes 4 notes

up
0
pajoye at php dot net
3 months ago
Also a nice feature is the ability to use PHP's contants:
For example:
extension_dir=""PHP_MAJOR_VERSION"."PHP_MINOR_VERSION"/ext"
up
-1
Nacho Esviza - ignacio at esviza dot com
3 months ago
This solution works for me when I needed to force two diferent versions of PHP on a Windows Server 2012 r2 & IIS:

For one application, map *.php extension to a CgiModule adding the "-c" option to the executable path, like this: "C:\php53\php-cgi.exe -c C:\php53\php.ini"

For the other application, map *.php extension to a CgiModule adding the "-c" option to the executable path, like this: "C:\php54\php-cgi.exe -c C:\php54\php.ini"

I think that way is the cleanest, because there is no need to work with PATH variable or Registry or Windows directory.

Note: for some reason, this didn't work on FastCGI module, related to the way that IIS set the executable tab not allowing command line options.
up
-22
emil at ncube dot ca
1 year ago
Note that the CLI version of PHP does not appear to take into account any php.ini configuration file. As such, something like a max_execution_time limit setting you may think is being applied is actually not being used, and instead defaulting to 0 (which is unlimited).
up
-36
Greg Robson
1 year ago
If you are on Windows and the

php --ini

command is showing the path you do not want, check the PATH environment variable.

The command line was looking for php.ini in the folder where it found php.exe. In my case this meant it was looking in
c:\Program Files (x86)\php\5.2.6
and not
c:\PHP\5.4.7

Might easily be overlooked when adding new versions to your computer.
To Top