PHP 5.4.31 Released

中心となる configure オプションのリスト

以下のリストは、Unix 系の環境で PHP をコンパイルする際に用いられる configure スクリプトのオプションの一部です。 ほとんどのオプションはそれぞれの拡張モジュールのリファレンスページで 説明されており、ここにはありません。最新の configure オプションの 完全なリストを得るには、PHP のソースディレクトリで autoconf を実行した後、./configure --help を実行してください(インストールと設定 も参照ください)。--prefix=PREFIX のような追加の configure オプションについて興味がある方は、 » GNU configure のドキュメントが 参考になるでしょう。

注意:

これらの設定はコンパイル時にのみ使用可能です。PHP の動作を 実行時に設定したい場合は、実行時設定 の章を参照ください。

PHP の Configure オプション

注意:

これらのオプションは PHP 4.1.0 の時点でのものです。 しかし、中にはもっと古い PHP 有効なものがあるかもしれません。 古いバージョンをコンパイルされる場合、 おそらくいくつかのオプションは使えないでしょう。

一般的なオプション

--enable-debug

デバッグシンボルつきでコンパイルします。

--with-layout=TYPE

インストールされるファイルのレイアウトを設定します。Type には PHP(デフォルト)または GNU のどちらかが指定できます。

--with-pear=DIR

PEAR を DIR(デフォルトは PREFIX/lib/php)にインストールします。

--without-pear

PEAR をインストールしません。

--enable-sigchild

PHP 独自の SIGCHLD ハンドラを有効にします。

--disable-rpath

実行時にライブラリの検索パスを追加できないようにします。

--enable-libgcc

明示的に libgcc とリンクします。

--enable-php-streams

実験的な PHP ストリーム機能を組み込みます。PHP そのものをテストする 目的以外では使用しないでください。

--with-zlib-dir[=DIR]

zlib のインストールディレクトリを指定します。

--enable-trans-sid

透過的なセッション ID の伝播を有効にします。PHP 4.1.2 以前でのみ 有効です。PHP 4.2.0 以降、この機能は常に有効となっています。

--with-tsrm-pthreads

POSIX スレッドを使用します(デフォルト)。

--enable-shared[=PKGS]

共有ライブラリをビルドします [default=yes]。

--enable-static[=PKGS]

静的ライブラリをビルドします [default=yes]。

--enable-fast-install[=PKGS]

インストール速度を上げるように最適化します [default=yes]。

--with-gnu-ld

C コンパイラが GNU ld を使用するとみなします [default=no]。

--disable-libtool-lock

ロックを回避します(並列ビルドに失敗する可能性があります)。

--with-pic

PIC/non-PIC オブジェクトのどちらか一方のみを使用するようにします [default=use both]。

--enable-memory-limit

メモリ制限(memory limit)のサポートつきでコンパイルします (PHP 5.2.1 以降では使用できず、常に有効となります)。

--disable-url-fopen-wrapper

URL を指定した fopen で、HTTP や FTP を経由してファイルを開く機能を無効にします (PHP 5.2.5 以降では使用できません)。

--enable-versioning

要求されるシンボルのみをエクスポートします。 詳細な情報は INSTALL を参照ください。

PHP オプション

--enable-maintainer-mode

一般の利用者にとってあまり便利でない(そして時に混乱のもととなる) make ルールや依存性を有効にします。

--with-config-file-path=PATH

php.ini を探すパスを設定します。デフォルト値は PREFIX/lib です。

--enable-safe-mode

セーフモードをデフォルトで有効にします。

警告

この機能は PHP 5.3.0 で 非推奨となり、 PHP 5.4.0 で削除されました。

--with-exec-dir[=DIR]

セーフモード時には、このディレクトリにある実行ファイルのみ実行を許可します。 デフォルト値は /usr/local/php/bin です。

警告

この機能は PHP 5.3.0 で 非推奨となり、 PHP 5.4.0 で削除されました。

--enable-magic-quotes

magic quotes をデフォルトで有効にします。

警告

この機能は PHP 5.3.0 で 非推奨となり、 PHP 5.4.0 で削除されました。

--disable-short-tags

開始タグの短縮形 <? をデフォルトで無効にします。

--enable-zend-multibyte

言語パーサおよびスキャナ内でのマルチバイトコードの実行を有効にします。 このオプションをつけて PHP をコンパイルすると、 declare 言語構造で encoding ディレクティブを使えるようになります。

警告

この機能は PHP 5.3.0 で 非推奨となり、 PHP 5.4.0 で削除されました。

--with-libdir

Unix システムにおいて、PHP をビルドするためのライブラリがあるディレクトリを指定します。 64 ビットシステムでは、この引数を --with-libdir=lib64 のようにして lib64 ディレクトリを指定しなければなりません。

SAPI オプション

以下のリストには、PHP で有効な SAPI(Server Application Programming Interface)が含まれています。

--with-aolserver=DIR

インストールされている AOLserver のパスを指定します。

--with-apxs[=FILE]

Apache 共有モジュールをビルドします。FILE は Apache apxs ツールへの パスで、デフォルトは apxs です。Apache のソース Tarball に含まれる apxs を指定するのではなく、そのシステムに実際にインストールされている バージョンの apxs を指定するようにしましょう。

--with-apache[=DIR]

静的 Apache モジュールをビルドします。DIR は Apache のビルドディレクトリで、 デフォルトは /usr/local/apache です。

--with-mod_charset

(ロシアの Apache 用の)mod_charset のための変換テーブルを 有効にします。

--with-apxs2[=FILE]

Apache 2.0 共有モジュールをビルドします。FILE は、オプションで指定する Apache apxs ツールへのパスです。デフォルトは apxs です。

--with-caudium=DIR

PHP を、Caudium で使用する Pike モジュールとしてビルドします。 DIR は Caudium サーバーのディレクトリで、デフォルトは /usr/local/caudium/server です。

--disable-cli

PHP 4.3.0 で使用可能になりました。PHP の CLI バージョンのビルドを 無効にします(自動的に --without-pear も指定されます)。詳細な情報は PHP をコマンドラインから使用する を参照ください。

--enable-embed[=TYPE]

組み込み SAPI ライブラリのビルドを有効にします。TYPE は shared あるいは static のいずれかで、デフォルトは shared です。 PHP 4.3.0 で使用可能になりました。

--with-fhttpd[=DIR]

fhttpd モジュールをビルドします。DIR は fhttpd のソースディレクトリで、 デフォルトは /usr/local/src/fhttpd です。 PHP 4.3.0 以降、このオプションは使用できなくなりました。

--with-isapi=DIR

PHP を、Zeus の ISAPI モジュールとしてビルドします。

--with-nsapi=DIR

インストール済みの Netscape/iPlanet/SunONE Webserver へのパスを指定します。

--with-phttpd=DIR

このオプションについての情報はありません。

--with-pi3web=DIR

PHP を Pi3Web のモジュールとしてビルドします。

--with-roxen=DIR

PHP を Pike モジュールとしてビルドします。DIR は Roxen の ディレクトリで、通常は /usr/local/roxen/server です。

--enable-roxen-zts

Zend Thread Safety を使用した Roxen モジュールをビルドします。

--with-servlet[=DIR]

サーブレットのサポートを含めます。DIR は JSDK のインストールディレクトリです。 java 拡張モジュールが共有ライブラリとしてビルドされていることが 前提条件です。

--with-thttpd=SRCDIR

PHP を thttpd モジュールとしてビルドします。

--with-tux=MODULEDIR

PHP を TUX モジュールとしてビルドします(Linux 限定)。

--with-webjames=SRCDIR

PHP を WebJames モジュールとしてビルドします(RISC OS 限定)。

--disable-cgi

PHP の CGI バージョンをビルドしないようにします。 PHP 4.3.0 で使用可能になりました。

PHP 5.3.0 以降、この引数は FastCGI を有効にするようになりました。それより前のバージョンでは --enable-fastcgi を使って有効にしなければなりませんでした。

--enable-force-cgi-redirect

サーバー内でのリダイレクトの際のセキュリティチェックを有効にします。 Apache で CGI バージョンを稼動させる場合、このオプションを 使用すべきです。

PHP 5.3.0 以降、この引数はデフォルトで有効になったため、もう存在しません。 これを無効にするには、ini ディレクティブ cgi.force_redirect0 を設定しなければなりません。

--enable-discard-path

有効にすると、PHP の CGI バイナリを web ディレクトリツリーの外に 配置できるようになります。これで .htaccess によるセキュリティを 回避できなくなります。

PHP 5.3.0 以降、この引数はデフォルトで無効になったため、もう存在しません。 これを有効にするには、ini ディレクティブ cgi.discard_path に 1 を設定しなければなりません。

--with-fastcgi

PHP を FastCGI アプリケーションとしてビルドします。PHP 4.3.0 以降、 このオプションは使用できません。代わりに --enable-fastcgi を使用してください。

--enable-fastcgi

有効にすると、CGI モジュールが FastCGI のサポートつきでビルドされます。 PHP 4.3.0 で使用可能になりました。

PHP 5.3.0 以降、この引数は存在しません。かわりに --enable-cgi を使って有効化するようになりました。

--disable-path-info-check

無効にすると、/info.php/test?a=b のようなパスは 動作しません。PHP 4.3.0 で使用可能になりました。詳細な情報は » Apache マニュアル を参照ください。

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
-7
quantoid
4 years ago
use --enable-soap to use SoapClient/Server classes
To Top