SunshinePHP 2019

DateTime::setTime

date_time_set

(PHP 5 >= 5.2.0, PHP 7)

DateTime::setTime -- date_time_set時刻を設定する

説明

オブジェクト指向型

public DateTime DateTime::setTime ( int $hour , int $minute [, int $second = 0 ] )

手続き型

DateTime date_time_set ( DateTime $object , int $hour , int $minute [, int $second = 0 ] )

DateTime オブジェクトの現在時刻を別の時刻にリセットします。

パラメータ

object

手続き型のみ: date_create() が返す DateTime オブジェクト。 この関数は、このオブジェクトを変更します。

hour

その時刻の時。

minute

その時刻の分。

second

その時刻の秒。

返り値

メソッドチェインに使う DateTime オブジェクトを返します。失敗した場合に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0成功した場合の返り値が NULL から DateTime に変更されました。

例1 DateTime::setTime() の例

オブジェクト指向型

<?php
$date 
= new DateTime('2001-01-01');

$date->setTime(1455);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";

$date->setTime(145524);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";
?>

手続き型

<?php
$date 
date_create('2001-01-01');

date_time_set($date1455);
echo 
date_format($date'Y-m-d H:i:s') . "\n";

date_time_set($date145524);
echo 
date_format($date'Y-m-d H:i:s') . "\n";
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

2001-01-01 14:55:00
2001-01-01 14:55:24

例2 範囲を超えた値が親の値に加算される例

<?php
$date 
= new DateTime('2001-01-01');

$date->setTime(145524);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";

$date->setTime(145565);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";

$date->setTime(146524);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";

$date->setTime(255524);
echo 
$date->format('Y-m-d H:i:s') . "\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

2001-01-01 14:55:24
2001-01-01 14:56:05
2001-01-01 15:05:24
2001-01-02 01:55:24

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

To Top