PHP 5.6.0 released

定義済み定数

以下の定数が定義されています。 この関数の拡張モジュールが PHP 組み込みでコンパイルされているか、 実行時に動的にロードされている場合のみ使用可能です。

リクエストの優先度

EIO_PRI_MIN (integer)
優先度最小
EIO_PRI_DEFAULT (integer)
優先度標準
EIO_PRI_MAX (integer)
優先度最大

eio_seek()whence 引数

EIO_SEEK_SET (integer)
オフセットをバイト数で指定する (offset)。
EIO_SEEK_CUR (integer)
オフセットを現在位置に offset バイト加えた値にする。
EIO_SEEK_END (integer)
オフセットをファイルのサイズに offset バイト加えた値にする。

eio_readdir() で使うフラグ

EIO_READDIR_DENTS (integer)
eio_readdir() のフラグ。指定すると、コールバックの result 引数が次のキーを持つ配列になります。 'names' - ディレクトリ名の配列/ 'dents' - struct eio_dirent 風の配列で、 それぞれがさらに以下のキーを持ちます ( 'name' - ディレクトリ名/ 'type' - EIO_DT_* 定数のいずれか/ 'inode' - inode 番号。存在しない場合は不定 )
EIO_READDIR_DIRS_FIRST (integer)
このフラグを指定すると、ディレクトリをまず最初に返して stat に最適化した順に返します。
EIO_READDIR_STAT_ORDER (integer)
このフラグを指定すると、名前を返すときの順序が 各ファイルを stat するのに適した順となります。 指定したディレクトリにあるすべてのファイルを stat() するつもりなら、この順にしておけば最速になります。
EIO_READDIR_FOUND_UNKNOWN (integer)
EIO_DT_UNKNOWN (integer)
不明なノード型 (ありがち)。さらに stat() が必要です。
EIO_DT_FIFO (integer)
FIFO ノード型
EIO_DT_CHR (integer)
ノード型
EIO_DT_MPC (integer)
多重化キャラクタデバイス (v7+coherent) ノード型
EIO_DT_DIR (integer)
ディレクトリノード型
EIO_DT_NAM (integer)
Xenix 名前付きファイルノード型
EIO_DT_BLK (integer)
ノード型
EIO_DT_MPB (integer)
多重化ブロックデバイス (v7+coherent)
EIO_DT_REG (integer)
ノード型
EIO_DT_NWK (integer)
EIO_DT_CMP (integer)
HP-UX ネットワークノード型
EIO_DT_LNK (integer)
リンクノード型
EIO_DT_SOCK (integer)
ソケットノード型
EIO_DT_DOOR (integer)
Solaris door ノード型
EIO_DT_WHT (integer)
ノード型
EIO_DT_MAX (integer)
ノード型の最大値

eio_open()flags 引数用のアクセスモード

EIO_O_RDONLY (integer)
EIO_O_WRONLY (integer)
EIO_O_RDWR (integer)
EIO_O_NONBLOCK (integer)
EIO_O_APPEND (integer)
EIO_O_CREAT (integer)
EIO_O_TRUNC (integer)
EIO_O_EXCL (integer)
EIO_O_FSYNC (integer)

eio_open()mode 引数用のフラグ

EIO_S_IRUSR (integer)
EIO_S_IWUSR (integer)
EIO_S_IXUSR (integer)
EIO_S_IRGRP (integer)
EIO_S_IWGRP (integer)
EIO_S_IXGRP (integer)
EIO_S_IROTH (integer)
EIO_S_IWOTH (integer)
EIO_S_IXOTH (integer)
EIO_S_IFREG (integer)
EIO_S_IFCHR (integer)
EIO_S_IFBLK (integer)
EIO_S_IFIFO (integer)
EIO_S_IFSOCK (integer)

eio_sync_file_range() のフラグ

EIO_SYNC_FILE_RANGE_WAIT_BEFORE (integer)
EIO_SYNC_FILE_RANGE_WRITE (integer)
EIO_SYNC_FILE_RANGE_WAIT_AFTER (integer)

eio_fallocate() のフラグ

EIO_FALLOC_FL_KEEP_SIZE (integer)

注意:

EIO_S_I* 定数の意味は、POSIX での S_I* と同じです。

注意:

EIO_SYNC_FILE_* 定数の意味は、 SYNC_FILE_** と同じです。

注意:

EIO_O_* 定数の意味は、POSIX での O_* と同じです。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top