PHP 5.4.31 Released

実行時設定

php.ini の設定により動作が変化します。

mbstring が有効になっている場合、 Exif 拡張モジュールはユーザーコメントの文字エンコーディングの変換 (Unicode と JIS)を自動的に行います。この処理が行われるのは、 指定した文字セットを使用して最初にコメントをデコードする際です。 その結果は、HTTP 出力用の文字コードにエンコード されます。

Exif 設定オプション
名前 デフォルト 変更可能 変更履歴
exif.encode_unicode "ISO-8859-15" PHP_INI_ALL PHP 4.3.0 以降で有効です。
exif.decode_unicode_motorola "UCS-2BE" PHP_INI_ALL PHP 4.3.0 以降で有効です。
exif.decode_unicode_intel "UCS-2LE" PHP_INI_ALL PHP 4.3.0 以降で有効です。
exif.encode_jis "" PHP_INI_ALL PHP 4.3.0 以降で有効です。
exif.decode_jis_motorola "JIS" PHP_INI_ALL PHP 4.3.0 以降で有効です。
exif.decode_jis_intel "JIS" PHP_INI_ALL PHP 4.3.0 以降で有効です。
PHP_INI_* モードの詳細および定義については どこで設定を行うのか を参照してください。

以下に設定ディレクティブに関する 簡単な説明を示します。

exif.encode_unicode string

exif.encode_unicode は、UNICODE ユーザーコメント を処理する文字セットを定義します。デフォルトは ISO-8859-15 で、 アジア以外のほとんどの国で動作します。この設定は、空白 あるいは mbstring のサポートするエンコーディングである必要があります。 空白の場合は mbstring の内部エンコーディング設定が使用されます。

exif.decode_unicode_motorola string

exif.decode_unicode_motorola は、画像の バイトオーダーがモトローラ形式(ビッグエンディアン)であった場合に Unicode のユーザーコメントを扱うための内部文字セットを定義します。 この設定は空白にすることはできず、mbstring がサポートしている エンコーディングの中から指定します。デフォルトは UCS-2BE です。

exif.decode_unicode_intel string

exif.decode_unicode_intel は、画像の バイトオーダーがインテル形式(リトルエンディアン)であった場合に Unicode のユーザーコメントを扱うための内部文字セットを定義します。 この設定は空白にすることはできず、mbstring がサポートしている エンコーディングの中から指定します。デフォルトは UCS-2LE です。

exif.encode_jis string

exif.encode_jis は、JIS ユーザーコメントを 処理する文字セットを定義します。デフォルトは空白で、これは mbstring の内部設定を使用させることを意味します。

exif.decode_jis_motorola string

exif.decode_jis_motorola は、画像の バイトオーダーがモトローラ形式(ビッグエンディアン)であった場合に JIS のユーザーコメントを扱うための内部文字セットを定義します。 この設定は空白にすることはできず、mbstring がサポートしている エンコーディングの中から指定します。デフォルトは JIS です。

exif.decode_jis_intel string

exif.decode_jis_intel は、画像の バイトオーダーがインテル形式(リトルエンディアン)であった場合に JIS のユーザーコメントを扱うための内部文字セットを定義します。 この設定は空白にすることはできず、mbstring がサポートしている エンコーディングの中から指定します。デフォルトは JIS です。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top