PHP Australia Conference 2015

expect_expectl

(PECL expect >= 0.1.0)

expect_expectlプロセスの出力がパターンに一致する・指定した時間が経過する・ あるいは EOF に達するのいずれかにあてはまるまで待ち続ける

説明

int expect_expectl ( resource $expect , array $cases [, array &$match ] )

プロセスの出力がパターンに一致する・指定した時間が経過する・ あるいは EOF に達するのいずれかにあてはまるまで待ち続けます。

match を指定すると、検索結果がそこに保存されます。 一致した文字列が match[0] に保存され、 元のパターンの中の (括弧で囲まれた) 部分に一致する文字列が match[1]match[2]、 と順に、最大 match[9] まで (libexpect の制限です) 保存されます。

パラメータ

expect

事前に expect_popen() でオープンした Expect ストリーム。

cases

expect case の配列。個々の expect case は数値添字の配列で、 以下のような形式となります。

Expect Case の配列
添字 値の型 説明 必須かどうか デフォルト値
0 string ストリームからの出力との比較対象となるパターン。 yes  
1 mixed パターンに一致した場合にこの関数が返す値。 yes  
2 integer パターンの形式。 EXP_GLOBEXP_EXACT あるいは EXP_REGEXP のいずれかひとつです。 no EXP_GLOB

返り値

一致したパターンに関連付けられた値を返します。

この関数の実行に失敗した場合は、 EXP_EOFEXP_TIMEOUT あるいは EXP_FULLBUFFER を返します。

変更履歴

バージョン 説明
0.2.1 バージョン 0.2.1 より前では、match パラメータに返されるのはマッチした文字列であり、 部分文字列の配列ではありませんでした。

例1 expect_expectl() の例

<?php
// ファイルをリモートホストにコピーします
ini_set("expect.timeout"30);

$stream fopen("expect://scp user@remotehost:/var/log/messages /home/user/messages.txt""r");

$cases = array(
    
// array(パターン, パターンに一致した場合にこの関数が返す値)
    
array("password:""asked for password"),
    array(
"yes/no)?",  "asked for yes/no")
);

while (
true) {
    switch (
expect_expectl($stream$cases)) {
        case 
"asked for password":
            
fwrite($stream"my password\n");
            break;
        case 
"asked for yes/no":
            
fwrite($stream"yes\n");
            break;
        case 
EXP_TIMEOUT:
        case 
EXP_EOF:
            break 
2// switch 文だけではなく while ループも抜けます
        
default:
            die 
"エラーが発生しました!";
    }
}

fclose($stream);
?>
?>

参考

  • expect_popen() - Bourne シェル経由でコマンドを実行し、プロセスへの PTY ストリームをオープンする

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top