定義済み定数

以下の定数が定義されています。 この関数の拡張モジュールが PHP 組み込みでコンパイルされているか、 実行時に動的にロードされている場合のみ使用可能です。

トランザクションの挙動を設定するため、以下の定数を ibase_trans() に渡すことが可能です。

Firebird/InterBase トランザクションフラグ
定数 説明
IBASE_DEFAULT デフォルトのトランザクション設定が使用されます。デフォルト設定は クライアントライブラリによって決定され、たいていの場合は IBASE_WRITE|IBASE_CONCURRENCY|IBASE_WAIT です。
IBASE_READ 読み込み専用のトランザクションを開始します。
IBASE_WRITE 読み書き可能なトランザクションを開始します。
IBASE_CONSISTENCY 分離レベルを 'consistency' にしてトランザクションを開始します。 他のトランザクションによって変更中のテーブルを読み込むことは できません。
IBASE_CONCURRENCY 分離レベルを 'concurrency' (あるいは 'snapshot') にして トランザクションを開始します。すべてのテーブルへのアクセスが 可能ですが、トランザクションの開始以降に別のトランザクションに よってコミットされた内容を見ることはできません。
IBASE_COMMITTED 分離レベルを 'read committed' にしてトランザクションを開始します。 このフラグは IBASE_REC_VERSION あるいは IBASE_REC_NO_VERSION とともに使用する必要があります。 トランザクションの開始以降にコミットされた内容についてもアクセス可能と なります。IBASE_REC_NO_VERSION が指定された場合、 最新バージョンのデータのみが読み込み可能となります。 IBASE_REC_VERSION が指定された場合、他の トランザクションで処理が完了していない変更についても読み込むことが できます。
IBASE_WAIT 衝突が発生した場合に、トランザクションが処理を再試行することを示します。
IBASE_NOWAIT 衝突が発生した場合に、トランザクションがその場で処理を中断して 処理が失敗することを示します。

データの取得方法を指定するために、以下の定数を ibase_fetch_row()ibase_fetch_assoc() あるいは ibase_fetch_object() に渡すことが可能です。

Firebird/InterBase フェッチフラグ
定数 説明
IBASE_FETCH_BLOBS 過去との互換性を保持するため、IBASE_TEXT としても使用可能です。BLOB データを読み込む際に、BLOB ID ではなく 直接データそのものを読み込みます。
IBASE_FETCH_ARRAYS 配列をインラインで読み込みます。指定しなかった場合は、配列の ID を返します。配列 ID は INSERT 操作への引数としてのみ使用可能で、 配列 ID を処理できる関数は現在存在しません。
IBASE_UNIXTIME 日付や時刻のフィールド値を、文字列ではなく UNIX タイムスタンプ (1-Jan-1970 0:00 UTC からの経過秒数)で返します。 1970 年より前の日付に対してこれを使用すると、環境によっては 問題を引き起こす可能性があります。

要求内容やオプションを指定するために、以下の定数を サービス API 関数(ibase_server_info(), ibase_db_info(), ibase_backup(), ibase_restore() および ibase_maintain_db())に渡すことが可能です。 これらのオプションの意味については Firebird/InterBase のマニュアルを 参照ください。

IBASE_BKP_IGNORE_CHECKSUMS
IBASE_BKP_IGNORE_LIMBO
IBASE_BKP_METADATA_ONLY
IBASE_BKP_NO_GARBAGE_COLLECT
IBASE_BKP_OLD_DESCRIPTIONS
IBASE_BKP_NON_TRANSPORTABLE
IBASE_BKP_CONVERT
ibase_backup() へのオプション
IBASE_RES_DEACTIVATE_IDX
IBASE_RES_NO_SHADOW
IBASE_RES_NO_VALIDITY
IBASE_RES_ONE_AT_A_TIME
IBASE_RES_REPLACE
IBASE_RES_CREATE
IBASE_RES_USE_ALL_SPACE
ibase_restore() へのオプション
IBASE_PRP_PAGE_BUFFERS
IBASE_PRP_SWEEP_INTERVAL
IBASE_PRP_SHUTDOWN_DB
IBASE_PRP_DENY_NEW_TRANSACTIONS
IBASE_PRP_DENY_NEW_ATTACHMENTS
IBASE_PRP_RESERVE_SPACE
IBASE_PRP_RES_USE_FULL
IBASE_PRP_RES
IBASE_PRP_WRITE_MODE
IBASE_PRP_WM_ASYNC
IBASE_PRP_WM_SYNC
IBASE_PRP_ACCESS_MODE
IBASE_PRP_AM_READONLY
IBASE_PRP_AM_READWRITE
IBASE_PRP_SET_SQL_DIALECT
IBASE_PRP_ACTIVATE
IBASE_PRP_DB_ONLINE
IBASE_RPR_CHECK_DB
IBASE_RPR_IGNORE_CHECKSUM
IBASE_RPR_KILL_SHADOWS
IBASE_RPR_MEND_DB
IBASE_RPR_VALIDATE_DB
IBASE_RPR_FULL
IBASE_RPR_SWEEP_DB
ibase_maintain_db() へのオプション
IBASE_STS_DATA_PAGES
IBASE_STS_DB_LOG
IBASE_STS_HDR_PAGES
IBASE_STS_IDX_PAGES
IBASE_STS_SYS_RELATIONS
ibase_db_info() へのオプション
IBASE_SVC_SERVER_VERSION
IBASE_SVC_IMPLEMENTATION
IBASE_SVC_GET_ENV
IBASE_SVC_GET_ENV_LOCK
IBASE_SVC_GET_ENV_MSG
IBASE_SVC_USER_DBPATH
IBASE_SVC_SVR_DB_INFO
IBASE_SVC_GET_USERS
ibase_server_info() へのオプション

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top