ConFoo: Call for paper is now Open

php-config

php-config はシンプルなシェルスクリプトで、 インストールされている PHP の設定情報を取得します。

拡張モジュールをコンパイルするときに、もし複数のバージョンの PHP がインストールされている場合は、どちらを使ってコンパイルするのかを指定できます。 configure の --with-php-config オプションで、 対応する php-config スクリプトのパスを指定します。

php-config スクリプトのコマンドラインオプション一覧は、 php-config に -h スイッチをつけて実行すれば見られます。

Usage: /usr/local/bin/php-config [OPTION]
Options:
  --prefix            [...]
  --includes          [...]
  --ldflags           [...]
  --libs              [...]
  --extension-dir     [...]
  --include-dir       [...]
  --php-binary        [...]
  --php-sapis         [...]
  --configure-options [...]
  --version           [...]
  --vernum            [...]

コマンドラインオプション
オプション 説明
--prefix PHP のインストール先ディレクトリのプレフィックス。例: /usr/local
--includes -I オプションとインクルードしたファイルの一覧
--ldflags PHP をコンパイルしたときの LD フラグ
--libs PHP をコンパイルしたときの外部ライブラリ
--extension-dir 拡張モジュールを探すときのデフォルトのディレクトリ
--include-dir ヘッダファイルのデフォルトのインストール先ディレクトリのプレフィックス
--php-binary CLI あるいは CGI バイナリへのフルパス
--php-sapis 使用できるすべての SAPI モジュール
--configure-options 現在インストールされている PHP の再作成するための configure オプション
--version PHP のバージョン
--vernum PHP のバージョンを整数値で表したもの

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top