PHP 5.6.0 released

導入

以下の関数により、GNU MP ライブラリを使用して 任意長の整数を使用することが可能になります。

これらの関数は、PHP 4.0.4 で追加されました。

注意:

大半の GMP 関数は、GMP 数を引数としてとります。 このマニュアルでは、GMP 数を GMP オブジェクトとしています。 しかし PHP 5.5 以前のバージョンでは、GMP 数をリソースとして表していました。 これらの関数の大半は、数値と文字列も 引数として指定可能です。ただし、後者は数値に変換できる場合に限ります。 また、整数引数を使用して処理を行うより高速な関数がある場合には、 指定された引数が整数である場合により低速となる関数の代わりに 使用されます。これは透過的に行われるため、結果的に、GMP 数値を 引数とする全ての関数について整数を使用することが可能です。関数 gmp_init() も参照ください。

注意:

PHP 5.6 以降は、 gmp_init() やその他の GMP 関数が返す GMP オブジェクトに対して、 代数演算子ビット演算子そして 比較演算子 が使えるようになります。

警告

より大きな整数を明示的に指定するには、文字列として指定してください。 そうしない場合、PHP は値ををまず整数リテラルとして解釈し、 GMP にわたるまでに精度の劣化を生じる可能性が あります。

注意: PHP 5.1.0 以降、この拡張モジュールは Windows でも使用可能です。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top