Last 5.3 release ever available: PHP 5.3.29 - 5.3 now EOL

導入

この正規表現関数で使用するパターンの構文は、Perl と類似しています。 正規表現は、スラッシュ (/) などのデリミタで囲う必要があります。 デリミタには使用できるのは、非英数字、非空白文字の任意の ASCII 文字ですが、バックスラッシュ (\) と null バイトは使用できません。 デリミタ文字を正規表現本体において使用する必要がある場合は、 バックスラッシュでエスケープします。PHP 4.0.4 以降、 Perl形式の (), {}, [], <> も使用可能です。 パターンの詳細については、パターン構文 を参照してください。

様々な修飾子を終端デリミタの後に付け、 マッチングに変化を与えることができます。 パターン修飾子 を参照ください。

PHP は、POSIX 拡張正規表現関数 において、 POSIX 拡張構文を用いた正規表現もサポートしています。

注意:

この拡張モジュールでは、コンパイルした正規表現のために スレッド単位のグローバルキャッシュ (最大 4096) を管理しています。

警告

PCRE には、いくつかの制限があります。詳細は、» http://www.pcre.org/pcre.txt を参照してください。

PCRE ライブラリは、Perl 5 と同じ文法構文を用いた 正規表現パターンマッチ処理を実装した関数群ですが、多少異なる点もあります (以下を参照ください)。現在の実装は Perl 5.005 に対応しています。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top