PHP Australia Conference 2015

導入

このモジュールは、System V IPC 関連の関数へのラッパーを提供します。 セマフォ・共有メモリおよびプロセス間通信(IPC)がその中に含まれます。

セマフォは、マシーン上のリソースへの排他的アクセス機能や、 同時にあるリソースを使用することができるプロセスの数を制限するために 使用することができます。

このモジュールは、System V 共有メモリを使用した共有メモリ関数も 提供します。共有メモリは、グローバル変数へのアクセス手段を提供するために 使用することが可能です。別の httpd デーモンおよび (Perl, C, ... のような)他のプログラムさえ、グローバルデータ交換を 提供するこのデータにアクセスすることが可能です。 共有メモリは、同時アクセスに関して安全ではないということを覚えておいて ください。 同期をとるには、セマフォを使用してください。

Unix OS による共有メモリの制限
SHMMAX 共有メモリの最大サイズ。通常は 131072 バイト
SHMMIN 共有メモリの最小サイズ。通常は 1 バイト
SHMMNI 共有メモリセグメントの最大数。通常は 100
SHMSEG プロセス毎の共有メモリの最大数。通常は 6

メッセージング関数は、他のプロセスと相互にメッセージを送受信する ために使用することができます。 これにより簡単で効率的なプロセス間のデータ交換が可能であり、 Unix ドメインソケットを用いる場合のような設定は不要です。

注意: この拡張モジュールは Windows 環境では利用できません。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top