Last 5.3 release ever available: PHP 5.3.29 - 5.3 now EOL

導入

ストリームは、PHP 4.3.0 に、 ファイル、ネットワーク、データ圧縮などに関する、 共通した一連の関数群と利用法を持つ操作の一般化の手法として 導入されました。もっとも単純な定義では、ストリーム というのは、ストリーミング可能な動作を体現する resource オブジェクトといえます。つまり、ストリームには線的に読み出したり、 あるいは書き込んだりすることが可能で、かつ、 ストリーム上の任意の場所に fseek() できる場合もあります。

ラッパー というのは、ストリームにおいてどのように特定の プロトコル/エンコーディングを扱うかを扱うかを指示する付加的なコード です。たとえば、http ラッパーは、どのようにして URL を、リモートサーバーのファイルに対する HTTP/1.0 リクエストに転換するかを知っています。PHP には、デフォルトで組み込まれているラッパーが多数存在しますが (サポートするプロトコル/ラッパー を参照ください)、 それに加え、カスタムラッパーをstream_wrapper_register() を利用して PHP スクリプトの内部から、あるいはストリーム API を用いて、 直接拡張モジュールの内部から追加できます (ストリーム API については ストリームの作成 を参照ください)。 あらゆる種類のラッパーが PHP に追加できるので、 特にラッパーでできることの限界はありません。 現在登録されているラッパーの種類を知るには、 stream_get_wrappers() を使います。

リソースは次のような形でストリームとして参照されます: scheme://target

  • scheme(string) - 使用されるラッパーの名称です。例として、 file, http, https, ftp, ftps, compress.zlib, compress.bz2, php などが含まれます。 PHP 組み込みのラッパーについては、サポートするプロトコル/ラッパー を参照ください。もしラッパーが指定されていない場合は、使用している関数の デフォルトが利用されます(通常は file://)。
  • target - 使用するラッパーによって解釈が異なります。 ファイルシステムに関連したストリームの場合、 一般的にこのパラメータは対象となるファイルの ファイル名とパスを表します。 ネットワークに関連したストリームの場合、一般的に このパラメータはホスト名と、(多くの場合付加されるはずの) パス名です。 PHP 組み込みのラッパーに、どのようにターゲットが解釈されるかは、 サポートするプロトコル/ラッパー を参照ください。

注意:

PHP のソースコードからストリームを使う方法についての情報は、 PHP 拡張モジュールの作者用のストリーム API リファレンス にあります。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top