SunshinePHP Developer Conference 2015

サポートされるエンコーディングの概要

サポートされるエンコーディングの概要
IANA 文字セット登録名 依存する文字集合 説明 注記
ISO-10646-UCS-4 ISO 10646 31 ビットコード空間を使用するユニバーサル文字セットで、 ISO/IEC 10646 によって UCS-4 として標準化されています。 最新版の Unicode コードマップと連動しています。 この名前をエンコーディング変換の際に使用すると、 先頭の BOM (バイトオーダーマーク) にもとづいてそれ以降のバイト列のエンディアンを識別します。
ISO-10646-UCS-4 UCS-4 上を参照ください。 UCS-4 とは対照的に、 文字列が常にビッグエンディアン形式とみなされます。
ISO-10646-UCS-4 UCS-4 上を参照ください。 UCS-4 とは対照的に、 文字列が常にリトルエンディアン形式とみなされます。
ISO-10646-UCS-2 UCS-2 16 ビットコード空間を使用するユニバーサル文字セットで、 ISO/IEC 10646 によって UCS-2 として標準化されています。 最新版の Unicode コードマップと連動しています。 この名前をエンコーディング変換の際に使用すると、 先頭の BOM (バイトオーダーマーク) にもとづいてそれ以降のバイト列のエンディアンを識別します。
ISO-10646-UCS-2 UCS-2 上を参照ください。 UCS-2 とは対照的に、 文字列が常にビッグエンディアン形式とみなされます。
ISO-10646-UCS-2 UCS-2 上を参照ください。 UCS-2 とは対照的に、 文字列が常にリトルエンディアン形式とみなされます。
UTF-32 Unicode 32 ビット幅の Unicode 変換フォーマットで、 そのエンコーディング空間は Unicode のコードセット標準を参照します。 このエンコーディング体系は UCS-4 とは異なります。 なぜなら、Unicode のコード空間は 21 ビットまでに制限されるからです。 この名前をエンコーディング変換の際に使用すると、 先頭の BOM (バイトオーダーマーク) にもとづいてそれ以降のバイト列のエンディアンを識別します。
UTF-32BE Unicode 上を参照ください。 UTF-32 とは対照的に、 文字列が常にビッグエンディアン形式とみなされます。
UTF-32LE Unicode 上を参照ください。 UTF-32 とは対照的に、 文字列が常にリトルエンディアン形式とみなされます。
UTF-16 Unicode 16 ビット幅の Unicode 変換フォーマットです。 注意すべき点は、UTF-16 の仕様が UCS-2 とは異なることです。 なぜなら、Unicode 2.0 より導入されたサロゲート機能により、 UTF-16 は現在 21 ビットコード空間を参照しているからです。 この名前をエンコーディング変換の際に使用すると、 先頭の BOM (バイトオーダーマーク) にもとづいてそれ以降のバイト列のエンディアンを識別します。
UTF-16BE Unicode 上を参照ください。 UTF-16 とは対照的に、 文字列が常にビッグエンディアン形式とみなされます。
UTF-16LE Unicode 上を参照ください。 UTF-16 とは対照的に、 文字列が常にリトルエンディアン形式とみなされます。
UTF-8 Unicode / UCS 8 ビット幅の Unicode 変換フォーマットです。 none
UTF-7 Unicode メールで安全に使用できる Unicode 変換フォーマットです。 » RFC2152 で定義されています。 none
(none) Unicode UTF-7 の変化形です。 » IMAP プロトコル での使用に特化しています。 none
US-ASCII (推奨される MIME 名) / iso-ir-6 / ANSI_X3.4-1986 / ISO_646.irv:1991 / ASCII / ISO646-US / us / IBM367 / CP367 / csASCII ASCII / ISO 646 American Standard Code for Information Interchange は、一般的に使用される 7 ビットエンコーディングです。 国際標準規格 ISO 646 として標準化されています。 (none)
EUC-JP (推奨される MIME 名) / Extended_UNIX_Code_Packed_Format_for_Japanese / csEUCPkdFmtJapanese US-ASCII / JIS X0201:1997 (半角カナの部分) / JIS X0208:1990 / JIS X0212:1990 を合成したもの この名前が Extended UNIX Code Packed Format for Japanese を短縮したものであることからわかるように、 一般的に UNIX 系のプラットフォームで用いられます。 もととなるエンコーディング方式である Extended UNIX Code は、ISO 2022 にもとづいて設計されています。 EUC-JP が参照している文字セットは IBM932 / CP932 のものとは異なります。 これらはそれぞれ OS/2® および Microsoft® Windows® で用いられています。これらのプラットフォームとの間で情報をやり取りする場合は、 代わりに EUCJP-WIN を使用してください。
Shift_JIS (推奨される MIME 名) / MS_Kanji / csShift_JIS JIS X0201:1997 / JIS X0208:1997 を合成したもの Shift_JIS が開発されたのは 80 年代初期です。 当時は日本語ワープロが普及していたため、 旧来のエンコーディング方式である JIS X 0201:1976 との互換性を保つために開発されました。 IANA の定義によると、Shift_JIS のコードセットは IBM932 / CP932 とは微妙に異なります。 しかし、"SJIS" / "Shift_JIS" という名前は、 これらのコードセットを表すものとしてしばしば誤用されています。 CP932 コードマップを使用するには、代わりに SJIS-WIN を使用してください。
(none) JIS X0201:1997 / JIS X0208:1997 / IBM 拡張文字 / NEC 拡張文字 を合成したもの この "エンコーディング" は EUC-JP と同じエンコーディング方式を使用しますが、 もととなる文字セットが異なります。 つまり、EUC-JP とは異なる文字に対応するコードポイントがあるということです。 none
Windows-31J / csWindows31J JIS X0201:1997 / JIS X0208:1997 / IBM 拡張文字 / NEC 拡張文字 を合成したもの この "エンコーディング" は Shift_JIS と同じエンコーディング方式を使用しますが、 もととなる文字セットが異なります。 つまり、Shift_JIS とは異なる文字に対応するコードポイントがあるということです。 (none)
ISO-2022-JP (推奨される MIME 名) / csISO2022JP US-ASCII / JIS X0201:1976 / JIS X0208:1978 / JIS X0208:1983 » RFC1468 (none)
JIS
ISO-8859-1
ISO-8859-2
ISO-8859-3
ISO-8859-4
ISO-8859-5
ISO-8859-6
ISO-8859-7
ISO-8859-8
ISO-8859-9
ISO-8859-10
ISO-8859-13
ISO-8859-14
ISO-8859-15
byte2be
byte2le
byte4be
byte4le
BASE64
HTML-ENTITIES
7bit
8bit
EUC-CN
CP936
HZ
EUC-TW
CP950
BIG-5
EUC-KR
UHC (CP949)
ISO-2022-KR
Windows-1251 (CP1251)
Windows-1252 (CP1252)
CP866 (IBM866)
KOI8-R
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top