PHP 7.2.0 Release Candidate 4 Released

定義済み定数

以下の定数が定義されています。 この関数の拡張モジュールが PHP 組み込みでコンパイルされているか、 実行時に動的にロードされている場合のみ使用可能です。

MYSQLI_READ_DEFAULT_GROUP

my.cnf の指定した名前のグループか、 あるいは MYSQLI_READ_DEFAULT_FILE で指定したファイルからオプションを読み込みます。

MYSQLI_READ_DEFAULT_FILE

my.cnf のかわりに、指定したファイルからオプションを 読み込みます。

MYSQLI_OPT_CONNECT_TIMEOUT

接続のタイムアウトまでの秒数。

MYSQLI_OPT_LOCAL_INFILE

LOAD LOCAL INFILE コマンドを有効にします。

MYSQLI_INIT_COMMAND

MySQL サーバーへの接続時に実行するコマンド。 再接続時にも自動的に再実行されます。

MYSQLI_CLIENT_SSL

SSL(暗号化プロトコル)を使用します。このオプションは、アプリケーション プログラムで指定することはできず、MySQL クライアントライブラリの内部で設定します。

MYSQLI_CLIENT_COMPRESS

圧縮プロトコルを使用します。

MYSQLI_CLIENT_INTERACTIVE

wait_timeout のかわりに)interactive_timeout の秒数を使用できるように します。クライアントセッションの wait_timeout 変数の値は、interactive_timeout 変数の値に設定されます。

MYSQLI_CLIENT_IGNORE_SPACE

関数名に続く空白文字を許可します。すべての関数名を予約語とします。

MYSQLI_CLIENT_NO_SCHEMA

db_name.tbl_name.col_name 形式の使用を禁止します。

MYSQLI_CLIENT_MULTI_QUERIES

セミコロンで区切られた複数のクエリを、 一度の mysqli_query() コールで実行することを許可します。

MYSQLI_STORE_RESULT

結果セットをバッファに格納します。

MYSQLI_USE_RESULT

結果セットをバッファに格納しません。

MYSQLI_ASSOC

行データを、カラム名をインデックスとする配列に格納して返します。

MYSQLI_NUM

行データを、数値インデックスの配列に格納して返します。

MYSQLI_BOTH

行データを、数値インデックス・カラム名インデックスの両方を 保持する配列に格納して返します。

MYSQLI_NOT_NULL_FLAG

フィールドは、NOT NULL と定義されています。

MYSQLI_PRI_KEY_FLAG

フィールドは、プライマリキーの一部です。

MYSQLI_UNIQUE_KEY_FLAG

フィールドは、ユニークキーの一部です。

MYSQLI_MULTIPLE_KEY_FLAG

フィールドは、インデックスの一部です。

MYSQLI_BLOB_FLAG

フィールドは BLOB と定義されています。

MYSQLI_UNSIGNED_FLAG

フィールドは UNSIGNED と定義されています。

MYSQLI_ZEROFILL_FLAG

フィールドは ZEROFILL と定義されています。

MYSQLI_AUTO_INCREMENT_FLAG

フィールドは AUTO_INCREMENT と定義されています。

MYSQLI_TIMESTAMP_FLAG

フィールドは TIMESTAMP と定義されています。

MYSQLI_SET_FLAG

フィールドは SET と定義されています。

MYSQLI_NUM_FLAG

フィールドは NUMERIC と定義されています。

MYSQLI_PART_KEY_FLAG

フィールドは、マルチインデックスの一部です。

MYSQLI_GROUP_FLAG

フィールドは GROUP BY の一部です。

MYSQLI_TYPE_DECIMAL

フィールドは DECIMAL と定義されています。

MYSQLI_TYPE_NEWDECIMAL

精密な DECIMAL あるいは NUMERIC のフィールドです (MySQL 5.0.3 以降)。

MYSQLI_TYPE_BIT

フィールドは BIT と定義されています (MySQL 5.0.3 以降)。

MYSQLI_TYPE_TINY

フィールドは TINYINT と定義されています。

MYSQLI_TYPE_SHORT

フィールドは SMALLINT と定義されています。

MYSQLI_TYPE_LONG

フィールドは INT と定義されています。

MYSQLI_TYPE_FLOAT

フィールドは FLOAT と定義されています。

MYSQLI_TYPE_DOUBLE

フィールドは DOUBLE と定義されています。

MYSQLI_TYPE_NULL

フィールドは DEFAULT NULL と定義されています。

MYSQLI_TYPE_TIMESTAMP

フィールドは TIMESTAMP と定義されています。

MYSQLI_TYPE_LONGLONG

フィールドは BIGINT と定義されています。

MYSQLI_TYPE_INT24

フィールドは MEDIUMINT と定義されています。

MYSQLI_TYPE_DATE

フィールドは DATE と定義されています。

MYSQLI_TYPE_TIME

フィールドは TIME と定義されています。

MYSQLI_TYPE_DATETIME

フィールドは DATETIME と定義されています。

MYSQLI_TYPE_YEAR

フィールドは YEAR と定義されています。

MYSQLI_TYPE_NEWDATE

フィールドは DATE と定義されています。

MYSQLI_TYPE_INTERVAL

フィールドは INTERVAL と定義されています。

MYSQLI_TYPE_ENUM

フィールドは ENUM と定義されています。

MYSQLI_TYPE_SET

フィールドは SET と定義されています。

MYSQLI_TYPE_TINY_BLOB

フィールドは TINYBLOB と定義されています。

MYSQLI_TYPE_MEDIUM_BLOB

フィールドは MEDIUMBLOB と定義されています。

MYSQLI_TYPE_LONG_BLOB

フィールドは LONGBLOB と定義されています。

MYSQLI_TYPE_BLOB

フィールドは BLOB と定義されています。

MYSQLI_TYPE_VAR_STRING

フィールドは VARCHAR あるいは BINARY と定義されています。

MYSQLI_TYPE_STRING

フィールドは STRING と定義されています。

MYSQLI_TYPE_CHAR

フィールドは TINYINT と定義されています。 CHAR については MYSQLI_TYPE_STRING を参照ください。

MYSQLI_TYPE_GEOMETRY

フィールドは GEOMETRY と定義されています。

MYSQLI_NEED_DATA

バインド変数に、さらにデータを使用可能です。

MYSQLI_NO_DATA

バインド変数に使用可能なデータがありません。

MYSQLI_DATA_TRUNCATED

データのトランケーションが発生しました。PHP 5.1.0 および MySQL 5.0.5 以降で使用可能です。

MYSQLI_ENUM_FLAG

フィールドが ENUM として定義されています。PHP 5.3.0 以降で使用可能です。

MYSQLI_BINARY_FLAG

フィールドが BINARY として定義されています。PHP 5.3.0 以降で使用可能です。

MYSQLI_CURSOR_TYPE_FOR_UPDATE

MYSQLI_CURSOR_TYPE_NO_CURSOR

MYSQLI_CURSOR_TYPE_READ_ONLY

MYSQLI_CURSOR_TYPE_SCROLLABLE

MYSQLI_STMT_ATTR_CURSOR_TYPE

MYSQLI_STMT_ATTR_PREFETCH_ROWS

MYSQLI_STMT_ATTR_UPDATE_MAX_LENGTH

MYSQLI_SET_CHARSET_NAME

MYSQLI_REPORT_INDEX

クエリ内でインデックスが使われていなかったり間違ったインデックスを使っていたりする場合に報告します。

MYSQLI_REPORT_ERROR

mysqli 関数コールのエラーを報告します。

MYSQLI_REPORT_STRICT

エラー時に、警告の代わりに mysqli_sql_exception をスローします。

MYSQLI_REPORT_ALL

すべてのオプションを有効にします (すべてを報告します)。

MYSQLI_REPORT_OFF

報告を無効にします。

MYSQLI_DEBUG_TRACE_ENABLED

mysqli_debug() 機能が有効の場合に 1 が設定されます。

MYSQLI_SERVER_QUERY_NO_GOOD_INDEX_USED

MYSQLI_SERVER_QUERY_NO_INDEX_USED

MYSQLI_REFRESH_GRANT

権限テーブルをリフレッシュします。

MYSQLI_REFRESH_LOG

ログをフラッシュします。SQLFLUSH LOGS を実行するのと同じです。

MYSQLI_REFRESH_TABLES

テーブルキャッシュをフラッシュします。SQLFLUSH TABLES を実行するのと同じです。

MYSQLI_REFRESH_HOSTS

ホストキャッシュをフラッシュします。SQLFLUSH HOSTS を実行するのと同じです。

MYSQLI_REFRESH_STATUS

状態変数をリセットします。SQLFLUSH STATUS を実行するのと同じです。

MYSQLI_REFRESH_THREADS

スレッドキャッシュをフラッシュします。

MYSQLI_REFRESH_SLAVE

レプリケーションのスレーブ側のサーバーで、 マスタサーバーの情報をリセットしてスレーブを再起動します。 SQLRESET SLAVE を実行するのと同じです。

MYSQLI_REFRESH_MASTER

レプリケーションのマスタ側のサーバーで、 バイナリログインデックスにあるバイナリログファイルを削除してインデックスファイルを切り詰めます。 SQLRESET MASTER を実行するのと同じです。

MYSQLI_TRANS_COR_AND_CHAIN

"AND CHAIN" を mysqli_commit() あるいは mysqli_rollback() に追加します。

MYSQLI_TRANS_COR_AND_NO_CHAIN

"AND NO CHAIN" を mysqli_commit() あるいは mysqli_rollback() に追加します。

MYSQLI_TRANS_COR_RELEASE

"RELEASE" を mysqli_commit() あるいは mysqli_rollback() に追加します。

MYSQLI_TRANS_COR_NO_RELEASE

"NO RELEASE" を mysqli_commit() あるいは mysqli_rollback() に追加します。

MYSQLI_TRANS_START_READ_ONLY

mysqli_begin_transaction() で、 トランザクションを "START TRANSACTION READ ONLY" で開始します。

MYSQLI_TRANS_START_READ_WRITE

mysqli_begin_transaction() で、 トランザクションを "START TRANSACTION READ WRITE" で開始します。

MYSQLI_TRANS_START_CONSISTENT_SNAPSHOT

mysqli_begin_transaction() で、 トランザクションを "START TRANSACTION WITH CONSISTENT SNAPSHOT" で開始します。

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
4
Anonymous
9 years ago
MYSQLI_TYPE_SHORT is used for SMALLINT, not INT
up
0
jeriba4 at googlemail dot com
4 years ago
Note that although CHAR is an explicite string type within MySQL,
MYSQLI_TYPE_CHAR is interpreted the same way as MYSQLI_TYPE_TINY, which is the TINYINT numeric type within MySQL.
As a consequence, you cannot distinguish these two column types by using their respective type index, as both are set to integer one (1).
To Top