インストール手順

PCRE は PHP のコア拡張モジュールなので、常に有効となっています。 デフォルトでは、この拡張モジュールのコンパイルには、バンドルされている PCRE ライブラリを利用します。別の PCRE ライブラリを使ってコンパイルする場合は、オプション --with-pcre-regex=DIR を利用します。 このとき DIR には、PCRE のインクルードファイルやライブラリファイルがある場所を指定します。 PHP 5.6 や PHP 7.0 では、PCRE 8.10 以降を使うことを推奨します。

As of PHP 7.0.0 PCRE's just-in-time compilation is supported by default, which can be disabled with the --without-pcre-jit configuration option as of PHP 7.0.12.

Windows 版の PHP には この拡張モジュールのサポートが組み込まれています。これらの関数を使用 するために拡張モジュールを追加でロードする必要はありません。

注意:

PHP 5.3.0 より前のバージョンでは、configure の際に オプション --without-pcre-regex を指定すれば、この拡張モジュールを無効にできました。

PCRE は活発なプロジェクトであり、変化し続けています。 PHP で使える機能もそれに依存しています。 PHP のドキュメントも部分的に時代遅れになっている可能性があり、 PCRE の最新機能は網羅できていないかもしれません。 変更点の一覧は、 » PCRE ライブラリの変更履歴 を参照ください。また、バンドルされている PCRE の履歴も参考になるでしょう。

バンドルされている PCRE ライブラリの更新履歴
PHP バージョン PCRE バージョン 備考
7.0.3 / 5.6.18 / 5.5.32 8.38 CVE-2015-8383, CVE-2015-8386, CVE-2015-8387, CVE-2015-8389, CVE-2015-8390, CVE-2015-8391, CVE-2015-8393, CVE-2015-8394 を参照ください
7.0.0 / 5.6.9 / 5.5.26 / 5.4.41 8.37 CVE-2015-2325, CVE-2015-2326 を参照ください
5.6.0 / 5.5.10 8.34  
5.5.0 / 5.4.14 / 5.3.24 8.32  
5.4.9 / 5.3.19 8.31  
5.3.7 8.12  
5.3.6 8.11  
5.3.4 8.10  
5.3.3 / 5.2.14 8.02  
5.3.2 8.00  
5.3.0 / 5.2.13 7.9  
5.2.7 7.8  
5.2.6 7.6  
5.2.5 7.3  
5.2.4 7.2  
5.2.2 7.0  
5.2.0 6.7  
5.1.3 6.6  
5.1.0 6.2  
5.0.5 5.0  
5.0.0 4.5  
4.4.7 7.7  

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top