ConFoo: Call for paper is now Open

例1 Quickhash の例

<?php
$set 
= new QuickHashIntSet1024QuickHashIntSet::CHECK_FOR_DUPES );
$set->add);
$set->add);

var_dump$set->exists) );
var_dump$set->exists) );

$set->saveToFile"/tmp/test-set.set" );

$newSet QuickHashIntSet::loadFromFile(
    
"/tmp/test-set.set"
);

var_dump$newSet->exists) );
var_dump$newSet->exists) );
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

bool(true)
bool(false)
bool(true)
bool(false)

例2 Quickhash での ArrayAccess の例

<?php
$hash 
= new QuickHashIntHash64 );

// ハッシュエントリの追加と更新
$hash[3] = 145926;
$hash[3] = 1415926;
$hash[2] = 72;

// キーが存在するかどうかのチェック
var_dump( isset( $hash[3] ) );

// ハッシュエントリの削除
unset( $hash[2] );

// ハッシュに格納されている値の取得
echo $hash[3], "\n";
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

bool(true)
1415926

例3 Quickhash での Iterator の例

<?php
$hash 
= new QuickHashIntHash64 );

// ハッシュエントリの追加
$hash[1] = 145926;
$hash[2] = 1415926;
$hash[3] = 72;
$hash[4] = 712314;
$hash[5] = -4234;

foreach( 
$hash as $key => $value )
{
    echo 
$key' => '$value"\n";
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

5 => -4234
4 => 712314
1 => 145926
2 => 1415926
3 => 72

例4 Quickhash での文字列の例

<?php
$hash 
= new QuickHashIntStringHash64 );

// ハッシュエントリの追加
$hash[1] = "one million four hundred fifteen thousand nine hundred twenty six";
$hash->add2"one more" );

foreach( 
$hash as $key => $value )
{
    echo 
$key' => '$value"\n";
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

1 => one million four hundred fifteen thousand nine hundred twenty six
2 => one more
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top