PHP 5.4.33 Released

QuickHashIntHash::__construct

(PECL quickhash >= Unknown)

QuickHashIntHash::__construct新しい QuickHashIntHash オブジェクトを作る

説明

public QuickHashIntHash::__construct ( int $size [, int $options ] )

新しい QuickHashIntHash オブジェクトを作ります。 size には、バケツリストの数を指定します。リストが多ければ多いほど、 衝突が少なくなります。オプションもサポートしています。

パラメータ

size

バケツリストの数。 ここに渡した値は、直近の 2 の階乗まで切り上げられます。また、自動的に 4 から 4194304 までの範囲になります。

options

次のオプションが使えます。 QuickHashIntHash::CHECK_FOR_DUPES は、重複するエントリをハッシュに追加できないようにします。 QuickHashIntHash::DO_NOT_USE_ZEND_ALLOC は、PHP の内部メモリマネージャを使わないようにします。 QuickHashIntHash::HASHER_NO_HASH、 QuickHashIntHash::HASHER_JENKINS1 あるいは QuickHashIntHash::HASHER_JENKINS2 のいずれかで、利用するハッシュアルゴリズムを指定します。 すべてのオプションは、ビットマスクで組み合わせて使えます。

返り値

新しい QuickHashIntHash オブジェクトを返します。

例1 QuickHashIntHash::__construct() の例

<?php
var_dump
( new QuickHashIntHash1024 ) );
var_dump( new QuickHashIntHash1024QuickHashIntHash::CHECK_FOR_DUPES ) );
var_dump(
    new 
QuickHashIntHash(
        
1024,
        
QuickHashIntHash::DO_NOT_USE_ZEND_ALLOC QuickHashIntHash::HASHER_JENKINS2 
    
)
);
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top