PHP 5.4.32 Released

QuickHashIntSet::loadFromFile

(PECL quickhash >= Unknown)

QuickHashIntSet::loadFromFileファイルからセットを作るファクトリーメソッド

説明

public static QuickHashIntSet QuickHashIntSet::loadFromFile ( string $filename [, int $size [, int $options ]] )

ディスク上の定義ファイルから新しいセットを作るファクトリーメソッドです。 ファイルフォーマットは、システムと同じエンディアンでパックされた 32 ビット符号付き整数値です。

パラメータ

filename

セットを読み込むファイルのファイル名。

size

バケツリストの数。 ここに渡した値は、直近の 2 の階乗まで切り上げられます。また、自動的に 4 から 4194304 までの範囲になります。

options

クラスのコンストラクタが受け取るのと同じオプション。 size オプションは無視されます。 サイズはハッシュのエントリをもとにして自動的に算出され、 2 の階乗の中で直近の値に切り上げられます。 最大値は 4194304 です。

返り値

新しい QuickHashIntSet を返します。

例1 QuickHashIntSet::loadFromFile() の例

<?php
$file 
dirname__FILE__ ) . "/simple.set";
$set QuickHashIntSet::loadFromFile(
    
$file,
    
QuickHashIntSet::DO_NOT_USE_ZEND_ALLOC
);
foreach( 
range00x0f ) as $key )
{
    
printf"Key %3d (%2x) is %s\n",
        
$key$key
        
$set->exists$key ) ? 'set' 'unset'
    
);
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Key   0 ( 0) is unset
Key   1 ( 1) is set
Key   2 ( 2) is set
Key   3 ( 3) is set
Key   4 ( 4) is unset
Key   5 ( 5) is set
Key   6 ( 6) is unset
Key   7 ( 7) is set
Key   8 ( 8) is unset
Key   9 ( 9) is unset
Key  10 ( a) is unset
Key  11 ( b) is set
Key  12 ( c) is unset
Key  13 ( d) is set
Key  14 ( e) is unset
Key  15 ( f) is unset

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top