5.5.15

ソケットのエラー

ソケット拡張モジュールは、 強力な BSD ソケットへの有用なインターフェイスを提供するために作成されました。 関数は、Win32 および Unix の実装において等しく動作するように注意が払われています。 ソケット関数の多くは特定の条件で失敗し、エラーを記述する E_WARNING メッセージを出力します。 これは、時々開発者が望まない時に発生することがあります。例えば、 関数 socket_read() は突然 E_WARNING メッセージを出力する可能性があります。 これは、予測しない接続断が発生したためです。 @ 演算子により警告出力を抑制し、 socket_last_error() 関数によりアプリケーション内でエラーコードを取得することが一般に行われています。 エラーを記述する文字列を取得するためにこのエラーコードを指定して socket_strerror() 関数をコールすることが可能です。 詳細は、この関数の説明を参照してください。

注意:

E_WARNING メッセージは、 ソケット拡張モジュールにより英語で生成されますが、取得されるエラーメッセージは、 現在のロケール (LC_MESSAGES) に依存します。

Warning - socket_bind() unable to bind address [98]: Die Adresse wird bereits verwendet

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top