PHP Australia Conference 2015

文字エンコーディング

PHPのXML拡張機能は、異なった文字エンコーディング を通じて» Unicode 文字セットをサポートします。ソースエンコーディング およびターゲットエンコーディング という2種類の文字エンコーディングがあります。 PHP におけるドキュメントの内部表現は、常に UTF-8でエンコードされます。

ソースエンコーディングは、XMLドキュメントが 構文解析された際に行わ れます。XML パーサの 作成を行う際に、ソースエンコードを指定することができます。 (このエンコーディングは、その XML パーサーが存在する間、後で変更す ることはできません)サポートされるソースエンコーディングは、 ISO-8859-1, US-ASCII , UTF-8 です。前の二つは、シングルバイトエンコー ディングです。これは、各文字がシングルバイトで表現されることを意 味します。UTF-8 は、1から4バイトの可変ビット 数(最大21ビット)で構成された文字をエンコードすることが可能です。 PHP で用いられるデフォルトのソースエンコーディングは、 ISO-8859-1です。

ターゲットエンコーディングは、PHPがデータをXMLハンドラ関数に 渡す時に行われます。あるXMLパーサが作成された際、ターゲットエン コーディングは、ソースエンコーディングと同様に設定されます。 しかし、これは、いつでも変更可能です。ターゲットエンコーディング は、タグ名と同様に文字データに作用し、命令を処理します。

XML パーサがソースエンコーディングが表現できる範囲の外側の文字に 出会った場合、エラーが返されます。

解釈するXMLドキュメントにおいてPHPが文字に出会った際に、選択した ターゲットエンコーディングで表現できない文字に出会った場合、問題 の文字は "降格" されます。現在、このことはこのような文字が疑問符 で置換されることを意味します。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top