PHP Australia Conference 2015

Yaf_Application::execute

(Yaf >=1.0.0)

Yaf_Application::executeコールバックを実行する

説明

public void Yaf_Application::execute ( callable $entry , string $... )

このメソッドは一般的に、Yaf_Application を crontab で実行させるときに使います。 crontab では、オートローダーやブートストラップの仕組みも使えます。

パラメータ

entry

有効なコールバック。

...

コールバックに渡すパラメータ。

返り値

例1 Yaf_Application::execute() の例

<?php
function main($argc$argv) {
}

$config = array(
    
"application" => array(
        
"directory" => realpath(dirname(__FILE__)) . "/application",
    ),
);

/** Yaf_Application */
$application = new Yaf_Application($config);
$application->execute("main"$argc,  $argv);
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top