PHP 5.4.31 Released

ファイルシステム

  • 導入
  • インストール/設定
  • 定義済み定数
  • ファイルシステム 関数
    • basename — パスの最後にある名前の部分を返す
    • chgrp — ファイルのグループを変更する
    • chmod — ファイルのモードを変更する
    • chown — ファイルの所有者を変更する
    • clearstatcache — ファイルのステータスのキャッシュをクリアする
    • copy — ファイルをコピーする
    • delete — unlink か unset を参照してください
    • dirname — 親ディレクトリのパスを返す
    • disk_free_space — ファイルシステムあるいはディスクパーティション上で利用可能な領域を返す
    • disk_total_space — ファイルシステムあるいはディスクパーティションの全体サイズを返す
    • diskfreespace — disk_free_space のエイリアス
    • fclose — オープンされたファイルポインタをクローズする
    • feof — ファイルポインタがファイル終端に達しているかどうか調べる
    • fflush — 出力をファイルにフラッシュする
    • fgetc — ファイルポインタから1文字取り出す
    • fgetcsv — ファイルポインタから行を取得し、CSVフィールドを処理する
    • fgets — ファイルポインタから 1 行取得する
    • fgetss — ファイルポインタから 1 行取り出し、HTML タグを取り除く
    • file_exists — ファイルまたはディレクトリが存在するかどうか調べる
    • file_get_contents — ファイルの内容を全て文字列に読み込む
    • file_put_contents — 文字列をファイルに書き込む
    • file — ファイル全体を読み込んで配列に格納する
    • fileatime — ファイルの最終アクセス時刻を取得する
    • filectime — ファイルの inode 変更時刻を取得する
    • filegroup — ファイルのグループを取得する
    • fileinode — ファイルの inode を取得する
    • filemtime — ファイルの更新時刻を取得する
    • fileowner — ファイルの所有者を取得する
    • fileperms — ファイルのパーミッションを取得する
    • filesize — ファイルのサイズを取得する
    • filetype — ファイルタイプを取得する
    • flock — 汎用のファイルロックを行う
    • fnmatch — ファイル名がパターンにマッチするか調べる
    • fopen — ファイルまたは URL をオープンする
    • fpassthru — ファイルポインタ上に残っているすべてのデータを出力する
    • fputcsv — 行を CSV 形式にフォーマットし、ファイルポインタに書き込む
    • fputs — fwrite のエイリアス
    • fread — バイナリセーフなファイルの読み込み
    • fscanf — フォーマットに基づきファイルからの入力を処理する
    • fseek — ファイルポインタを移動する
    • fstat — オープンしたファイルポインタからファイルに関する情報を取得する
    • ftell — ファイルの読み書き用ポインタの現在位置を返す
    • ftruncate — ファイルを指定した長さに丸める
    • fwrite — バイナリセーフなファイル書き込み処理
    • glob — パターンにマッチするパス名を探す
    • is_dir — ファイルがディレクトリかどうかを調べる
    • is_executable — ファイルが実行可能かどうかを調べる
    • is_file — 通常ファイルかどうかを調べる
    • is_link — ファイルがシンボリックリンクかどうかを調べる
    • is_readable — ファイルが存在し、読み込み可能であるかどうかを知る
    • is_uploaded_file — HTTP POST でアップロードされたファイルかどうかを調べる
    • is_writable — ファイルが書き込み可能かどうかを調べる
    • is_writeable — is_writable のエイリアス
    • lchgrp — シンボリックリンクのグループ所有権を変更する
    • lchown — シンボリックリンクの所有者を変更する
    • link — ハードリンクを作成する
    • linkinfo — リンクに関する情報を取得する
    • lstat — ファイルあるいはシンボリックリンクの情報を取得する
    • mkdir — ディレクトリを作る
    • move_uploaded_file — アップロードされたファイルを新しい位置に移動する
    • parse_ini_file — 設定ファイルをパースする
    • parse_ini_string — 設定文字列をパースする
    • pathinfo — ファイルパスに関する情報を返す
    • pclose — プロセスのファイルポインタをクローズする
    • popen — プロセスへのファイルポインタをオープンする
    • readfile — ファイルを出力する
    • readlink — シンボリックリンク先を返す
    • realpath_cache_get — realpath キャッシュ・エントリーを取得
    • realpath_cache_size — realpath キャッシュサイズを取得
    • realpath — 絶対パス名を返す
    • rename — ファイルをリネームする
    • rewind — ファイルポインタの位置を先頭に戻す
    • rmdir — ディレクトリを削除する
    • set_file_buffer — stream_set_write_buffer のエイリアス
    • stat — ファイルに関する情報を取得する
    • symlink — シンボリックリンクを作成する
    • tempnam — 一意なファイル名を生成する
    • tmpfile — テンポラリファイルを作成する
    • touch — ファイルの最終アクセス時刻および最終更新日をセットする
    • umask — 現在の umask を変更する
    • unlink — ファイルを削除する
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top