APCUIterator クラス

(PECL apcu >= 5.0.0)

はじめに

APCUIterator クラスを使うと、巨大な APCu キャッシュの反復処理を容易に行えます。 巨大なキャッシュを順を追って処理し、 ロックインスタンス単位で決まった数のエントリを取得することができます。 そのため、キャッシュ全体を抱え込んで 100 件 (デフォルト) のエントリを取り込むのではなく、 キャッシュのロックを解放して他の操作ができる状態にすることが可能です。 また、正規表現によるマッチングは C 言語レベルで行われるのでより効率的です。

クラス概要

APCUIterator implements Iterator {
/* Methods */
public __construct ([ mixed $search = NULL [, int $format = APC_ITER_ALL [, int $chunk_size = 100 [, int $list = APC_LIST_ACTIVE ]]]] )
public mixed current ( void )
public int getTotalCount ( void )
public int getTotalHits ( void )
public int getTotalSize ( void )
public string key ( void )
public void next ( void )
public void rewind ( void )
public void valid ( void )
}

目次

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top