SunshinePHP Developer Conference 2015

導入

CLI SAPI の主な目的は、シェルアプリケーションを PHP で開発することです。CLI SAPI とその他の SAPI の間にはちょっとした違いがあり、 それを本章で説明します。CLICGI は多くの共通点がありますが、別の SAPI であるということも覚えておきましょう。

CLI SAPI は、 --enable-cli でデフォルトで有効となっています。 ./configure の際に --disable-cli オプションを指定して無効にすることもできます。

CLI/CGI バイナリの名前、位置、そして存在するかどうかは PHP がどのようにインストールされているかによって異なります。デフォルトで make を実行したときには、CGICLI が両方ビルドされて、それぞれ PHP ソースディレクトリの sapi/cgi/php-cgisapi/cli/php にできあがります。 両方とも php という名前であることに注意しましょう。 make install のときにどうなるかは、configure 行に依存します。 configure で例えば apxs のような SAPI モジュールが選択された場合、または --disable-cgi が指定された場合、 make install によって CLI{PREFIX}/bin/php にコピーされます。さもなければ CGI がそこにコピーされます。 つまり、たとえば configure で --with-apxs を指定すると、make install での CLI のコピー先は {PREFIX}/bin/php となります。 既にインストールされている CGI バイナリを上書きしたい場合には、 make install の後に make install-cli を実行してください。あるいは configure で --disable-cgi を指定することもできます。

注意:

--enable-cli--enable-cgi の両方がデフォルトで有効になっています。そのため、configure で --enable-cli を指定したからといって、make install{PREFIX}/bin/php にコピーされるのが必ずしも CLI になるとは限りません。

PHP 5 以降、Windows 版の CLI はメインフォルダ内で php.exe という名前で配布されます。CGI バージョンは、php-cgi.exe として配布されます。さらに PHP 5 では、configure で --enable-cli-win32 を指定すると、新しく php-win.exe というファイルが配布されます。 これは CLI バージョンとほぼ同じですが、何も出力しないため、コンソールを必要としません。

注意: 自分の SAPI は何か?

シェルで php -v をタイプすると、 phpCGI なのか CLI なのかわかります。 php_sapi_name() と定数 PHP_SAPI も参照してください。

注意:

Unix の man ページは、 シェル環境から man php とすれば見ることができます。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top