PHP Australia Conference 2015

forward_static_call_array

(PHP 5 >= 5.3.0)

forward_static_call_array静的メソッドをコールし、引数を配列で渡す

説明

mixed forward_static_call_array ( callable $function , array $parameters )

function パラメータで指定したユーザー定義の関数あるいはメソッドをコールします。 この関数はメソッドのコンテキストでコールしなければなりません。 クラスの外部で使用することはできません。 この関数は 遅延静的束縛 を使います。 転送先のメソッドへのすべての引数は値渡しで、 call_user_func_array() と同様に配列で指定します。

パラメータ

function

コールしたい関数あるいはメソッド。このパラメータは、 クラス名とメソッド名を指定した配列あるいは関数名を指定した文字列となります。

parameter

このひとつのパラメータに、メソッドに渡すすべてのパラメータを配列で指定します。

注意:

forward_static_call_array() へのパラメータは参照渡しではないことに注意しましょう。

返り値

関数の結果、あるいはエラー時に FALSE を返します。

例1 forward_static_call_array() の例

<?php

class A
{
    const 
NAME 'A';
    public static function 
test() {
        
$args func_get_args();
        echo static::
NAME" ".join(','$args)." \n";
    }
}

class 
extends A
{
    const 
NAME 'B';

    public static function 
test() {
        echo 
self::NAME"\n";
        
forward_static_call_array(array('A''test'), array('more''args'));
        
forward_static_call_array'test', array('other''args'));
    }
}

B::test('foo');

function 
test() {
        
$args func_get_args();
        echo 
"C ".join(','$args)." \n";
    }

?>

上の例の出力は以下となります。

B
B more,args 
C other,args

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top