PHP 7.2.0 Release Candidate 4 Released

mcrypt_generic_init

(PHP 4 >= 4.0.2, PHP 5, PHP 7)

mcrypt_generic_init暗号化に必要な全てのバッファを初期化する

警告

この関数は PHP 7.1.0 で 非推奨になります。この関数に頼らないことを強く推奨します。

説明

int mcrypt_generic_init ( resource $td , string $key , string $iv )

mcrypt_generic() または mdecrypt_generic() をコールする前に、 常にこの関数をコールする必要があります。

パラメータ

td

暗号化記述子。

key

キーの最大長は、mcrypt_enc_get_key_size() を コールした際に得られるキー長であり、この値より小さな値は全て有効です。

iv

IV は通常そのアルゴリズムのブロック長と同じ大きさですが、 mcrypt_enc_get_iv_size() をコールする ことにより、その大きさを得る必要があります。IV は ECB では 無視されます。IV は CFB、CBC、STREAM、nOFB では必須です。 IV はランダムで一意である必要があります(しかし、秘密ではある必要は ありません)。暗号化と復号で同じ IV を使用する必要があります。 IV を使用したくない場合にはゼロに設定しますが、これは推奨されません。

返り値

この関数は、エラー時に負の値を返します。キー長が不正な場合に -3、メモリの確保に問題があった場合に -4、そしてそれ以外の返り値は その他のエラーとなります。エラーが警告を発生させた場合、それが 表示されます。間違ったパラメータが渡された場合には FALSE が返されます。

参考

  • mcrypt_module_open() - 使用するアルゴリズムおよびモードのモジュールをオープンする

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
2
Anonymous
4 years ago
The mcrypt implementation of RC2 algorithm supports an effective key length of 1024 bits only.
It is however possible to use an effective key length in 1..1024 bits, by transforming the key before use as follows:

<?php

function transformKey($key, $effKeyLen)

{
   
$pitable = array(
       
0xD9, 0x78, 0xF9, 0xC4, 0x19, 0xDD, 0xB5, 0xED, 0x28, 0xE9, 0xFD, 0x79, 0x4A, 0xA0, 0xD8, 0x9D,
       
0xC6, 0x7E, 0x37, 0x83, 0x2B, 0x76, 0x53, 0x8E, 0x62, 0x4C, 0x64, 0x88, 0x44, 0x8B, 0xFB, 0xA2,
       
0x17, 0x9A, 0x59, 0xF5, 0x87, 0xB3, 0x4F, 0x13, 0x61, 0x45, 0x6D, 0x8D, 0x09, 0x81, 0x7D, 0x32,
       
0xBD, 0x8F, 0x40, 0xEB, 0x86, 0xB7, 0x7B, 0x0B, 0xF0, 0x95, 0x21, 0x22, 0x5C, 0x6B, 0x4E, 0x82,
       
0x54, 0xD6, 0x65, 0x93, 0xCE, 0x60, 0xB2, 0x1C, 0x73, 0x56, 0xC0, 0x14, 0xA7, 0x8C, 0xF1, 0xDC,
       
0x12, 0x75, 0xCA, 0x1F, 0x3B, 0xBE, 0xE4, 0xD1, 0x42, 0x3D, 0xD4, 0x30, 0xA3, 0x3C, 0xB6, 0x26,
       
0x6F, 0xBF, 0x0E, 0xDA, 0x46, 0x69, 0x07, 0x57, 0x27, 0xF2, 0x1D, 0x9B, 0xBC, 0x94, 0x43, 0x03,
       
0xF8, 0x11, 0xC7, 0xF6, 0x90, 0xEF, 0x3E, 0xE7, 0x06, 0xC3, 0xD5, 0x2F, 0xC8, 0x66, 0x1E, 0xD7,
       
0x08, 0xE8, 0xEA, 0xDE, 0x80, 0x52, 0xEE, 0xF7, 0x84, 0xAA, 0x72, 0xAC, 0x35, 0x4D, 0x6A, 0x2A,
       
0x96, 0x1A, 0xD2, 0x71, 0x5A, 0x15, 0x49, 0x74, 0x4B, 0x9F, 0xD0, 0x5E, 0x04, 0x18, 0xA4, 0xEC,
       
0xC2, 0xE0, 0x41, 0x6E, 0x0F, 0x51, 0xCB, 0xCC, 0x24, 0x91, 0xAF, 0x50, 0xA1, 0xF4, 0x70, 0x39,
       
0x99, 0x7C, 0x3A, 0x85, 0x23, 0xB8, 0xB4, 0x7A, 0xFC, 0x02, 0x36, 0x5B, 0x25, 0x55, 0x97, 0x31,
       
0x2D, 0x5D, 0xFA, 0x98, 0xE3, 0x8A, 0x92, 0xAE, 0x05, 0xDF, 0x29, 0x10, 0x67, 0x6C, 0xBA, 0xC9,
       
0xD3, 0x00, 0xE6, 0xCF, 0xE1, 0x9E, 0xA8, 0x2C, 0x63, 0x16, 0x01, 0x3F, 0x58, 0xE2, 0x89, 0xA9,
       
0x0D, 0x38, 0x34, 0x1B, 0xAB, 0x33, 0xFF, 0xB0, 0xBB, 0x48, 0x0C, 0x5F, 0xB9, 0xB1, 0xCD, 0x2E,
       
0xC5, 0xF3, 0xDB, 0x47, 0xE5, 0xA5, 0x9C, 0x77, 0x0A, 0xA6, 0x20, 0x68, 0xFE, 0x7F, 0xC1, 0xAD);
   
$invpitable = array_flip($pitable);

   
//    Apply the regular RC2 key expansion algorithm.
   
$t = strlen($key);
   
$key = array_values(unpack('C*C', $key));

    for (
$i = $t; $i < 128; $i++)
       
$key[$i] = $pitable[($key[$i - 1] + $key[$i - $t]) & 0xFF];

   
$t8 = ($effKeyLen + 7) >> 3;
   
$tm = 0xFF >> (8 * $t8 - $effKeyLen);
   
$i = 128 - $t8;
   
$key[$i] = $pitable[$key[$i] & $tm];

    while (
$i--)
       
$key[$i] = $pitable[$key[$i + 1] ^ $key[$i + $t8]];

   
//    Map the first byte: this operation will be undone by
    //        mcrypt internals.
   
$key[0] = $invpitable[$key[0]];

   
//    Return the transformed key as a string.
   
array_unshift($key, 'C*');
    return
call_user_func_array('pack', $key);
}

//    Usage example
$r = mcrypt_module_open(MCRYPT_RC2, $algoDir, $mode, $modeDir);
mcrypt_generic_init($r, transformKey($originalKey, $effectiveKeyLength), $iv);

?>
To Top