CakeFest 2017 NYC, the Official CakePHP Conference

実行時設定

php.ini の設定により動作が変化します。

Imagick 設定オプション
名前 デフォルト 変更可能 変更履歴
imagick.locale_fix FALSE PHP_INI_ALL Imagick 2.1.0 以降で使用可能
imagick.progress_monitor FALSE PHP_INI_SYSTEM Imagick 2.2.2 以降で使用可能
imagick.skip_version_check FALSE PHP_INI_SYSTEM Imagick 3.3.0 以降で使用可能
PHP_INI_* モードの詳細および定義については どこで設定を行うのか を参照してください。

以下に設定ディレクティブに関する 簡単な説明を示します。

imagick.locale_fix boolean

小数点に ',' を使うロケールでの描画のバグを修正します。

imagick.progress_monitor boolean

画像プログレスモニターを有効にします。

imagick.skip-version-check boolean

Imagick を読み込む際には、コンパイル時に使った ImageMagick のバージョン番号と現在インストールされている ImageMagick のバージョン番号をチェックして、 一致しない場合に警告を発します。この ini 設定を有効にすると、一致しない場合の警告を出さないようにできます。

コンパイル時に使ったバージョンと異なる ImageMagick を利用することはお勧めしません。 たまたま動いているように見えるかもしれませんが、不意にクラッシュしたり予期せぬ振る舞いを起こしたりする可能性があります。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top